城下町の風情を肌で感じられる「こまちなみ地区」へ

錦帯橋が掛かる錦川沿いには、お土産物屋さんや岩国寿司の有名店などがあり、人通りも多く賑わっています。そんな川沿いからそおっと集落の方へ分け入ったところが、歴史町名の標識や古い写真館、昔ながらの民家が立ち並ぶ「こまちなみ地区」。歴史ある城下町独特の風情を肌で感じることができます。

碁盤の目のように広がる町を見回しながら臥龍橋通りを下っていくと、ふいにカフェのような外観のモダンな建物が現れました。

壁には、「昭和堂 est. 1926」と書かれています。

昭和元年創業の老舗菓子店

昭和堂は、中塚英(ひでよし)さん・靖江(やすえ)さんご夫婦が営む和・洋菓子店。英さんの祖父の代から続く老舗で、ちょうど昭和元年(1926年)の創業だったことから昭和堂と名付けられました。

店内には季節の上生菓子や上用まんじゅうの他に、ケーキやカステラ、岩国みやげ……なんとアップルパイまで!

なぜこのように幅広い品揃えになったのでしょうか?

お祝いのカステラと岩国基地のアップルパイ

【三代目 中塚英さん・靖江さん夫婦にインタビュー】

【三代目 中塚英さん・靖江さん夫婦にインタビュー】

昭和元年に上生菓子とカステラから始まった昭和堂。「当時からすでに高級な上生菓子と素朴なおやつをダブルで取り扱っていたんですね」と筆者が言うと、「いえいえ、当時カステラは上等なお菓子。変わったのは、実は時代の方なんですよ」と靖江さん。昔は高級なお祝い品として、よくカステラが贈られていたそうです。

戦争が始まると国内の物資はどんどん不足し、お菓子の材料を仕入れるのが難しくなりました。お店を開けられるだけの材料を集められない時期は、お客さまからの持ち込みの小麦粉を使ってパンを焼いていたこともあるそうです。

時は流れ、創業者のおじいさまから二代目のお父さまへとバトンタッチ。「父がベース(岩国基地)で勤めていた時にアップルパイを作っていたらしく、その後、店でも置くようになりました」(英さん)

このアップルパイがすっかり名物になり、今では岩国錦帯橋空港でも販売されているそうです。

町と店、家族の歴史の交差点

奥の喫茶スペースで人気のアップルパイをいただきました。こちらでは購入したお菓子を、コーヒー、紅茶または抹茶と一緒に食べることができます。

丁寧に折り重ねられたパイ生地と優しい甘さのフィリングの、ほっとするようなおいしさ。紅茶によく合いました。

このときちょうど、同じタイミングで喫茶に居合わせたご家族が。

お好きな商品はやはりアップルパイで、千葉から岩国へ帰省する際には、毎回のように立ち寄っておられるとのこと。

お話をうかがった方のお父さまが子どものころ昭和堂に来てカステラの端っこをおやつにするのが楽しみだったそうで、そのご縁で娘さんもよく来られるようになったそうです。

【喫茶スペースには、ドライフラワーや山口県の作家 花村信子さんの絵が飾られている】

【喫茶スペースには、ドライフラワーや山口県の作家 花村信子さんの絵が飾られている】

時代とともに変化する町で、親から子、子から孫へとお店が受け継がれ、そこを利用するお客さんの家族の歴史もまた、同じ時の中で積み重ねられていきます。

そのご家族は今日も昭和堂のアップルパイを手に、「また来ます」と言って笑顔で帰路につかれました。

 

取材時期:2019年9月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

御菓子司 昭和堂

住所 山口県岩国市岩国1丁目15-11
TEL 0827-41-0347
営業時間 9:00~19:00
定休日 日曜
URL https://www.facebook.com/shouwado/