城下町で有名な萩市のなかでも伝統的建造物群保存地区である浜崎は、江戸時代に栄えた港町で伝統的な町家が残る風情のある町並み。その浜崎の片隅にあるのが、可愛らしいトタンの壁が印象的なこちらの建物、ukishima。やわらかな笑顔で迎えてくださったのは、ukishimaを運営する「はぎ地域資産株式会社」の小川優子さんです。 

夢をかたちにしていく姿に惹かれて 

ー今日はよろしくお願いします。小川さんが萩市に来たきっかけを教えていただけますか? 

元々奈良県の出身でアパレル販売時代に友人と休みが合わなくて、一人旅をするようになりました。色々な場所のゲストハウスに泊まっていた中で、東京の蔵前にあるnui.というホステルに泊まる機会があったんです。そこで働いている人と知り合って、話を聞いていたらゲストハウスって面白そうだなと思って。その後、色々と調べている中でそのホステルをデザインした方が山口県の萩市でもゲストハウスrucoのデザインを手がけていることがわかりました。萩市にはモノづくりをしている人が多くて、地元の作り手さんと一緒にゲストハウスを作っている様子が紹介されていたんです。元々モノづくりをしている人には興味があったので、そういう人と関われるのは魅力的だと感じました。あとは、海がある場所にも憧れていたので。それで、2015年の5月からゲストハウスでヘルパーをするために萩に行くことに決めました。 

お話される小川さん

「萩には一度も行ったことがなかったけど、ここしかない!と思ったんです」と話す小川さん

ー仕事を辞めてきたということですか?すごいですね。萩の印象はいかがでしたか? 

仕事を辞めるきっかけに過ぎなかったのですが、まずは3ヶ月滞在するつもりで来ました。萩は、景色がいいなということと、ゲストハウスに来る人たちがみんな優しいなというのが最初の印象。萩に魅了された大きなきっかけは、ゲストハウスから歩いてすぐの場所にパン屋さんの開業準備をしている方がいたことです。壁を塗ったり、パンの試作を作ったり……お手伝いをしながら、たくさん話を聞かせてもらいました。ずっと近くで見させてもらっていたので、自分でお店をやったり、夢を現実にしていくっていいなと実感することができたんです。 

萩での暮らし方を模索した末に辿り着いたのは 

ーすごくいいタイミングだったんですね。それからすぐに萩に移住したわけではないんですか? 

また戻ってきたいという気持ちを抱えたまま、一旦奈良に帰りました。何か、モノづくりをしている人たちの思いを届けられるようなことがしたいなという想いも強まっていたので、それを萩でできたらいいなという気持ちもありました。20162月、改めて萩に住むという覚悟だけで仕事も決めずに帰ってきました。知人の紹介でコンビニで働かせてもらえることになったので、アルバイトをしながらイベントで雑貨の販売もやっていたんです。でも、コンビニで働いている時間の方が長くなってしまって。わざわざ萩まで来て、何をしているんだろうともやもやした感情を抱えていました。それでまた奈良に戻ってみるんですが、やっぱり萩がいいなと思ったりして。それからしばらくは奈良にいて、2ヶ月に1度、1週間くらい萩に滞在するという生活を送るようになりました。 

ー転機はなんだったのでしょうか。 

2018年の6月に萩で会社を作ろうとしている人が鎌倉にいるよと教えてもらって、すぐに会いに行ったんです。その人が後に「はぎ地域資産株式会社」を立ち上げることになった代表の新井夫さん。鎌倉でフレンチレストランの飲食事業とウェディング事業をされていて、お互いにこれまでのことや考えていることを話す機会をいただきました。面白い人だなあ、面白いことをするんだなあという印象だったのですが、それを萩でやるなら、それは私です!と思っちゃったんです。 

ーそこでの話はどんな内容だったんですか。 

萩の食材を活かす鍋料理屋の運営をベースに、まちを編集する事業をしよう!と。その時点で飲食店の物件もukishimaの物件も決まっていて、あとはスタッフさえ決まればすぐに始められる状態だったんです。ちょうど同時期に萩から新井さんに会いに行った友人がいて、3人で会社を始めることになりました。スタッフが決まってからの新井さんのスピード感もすごく早くて、会社の登記完了まで2週間くらいだったと思います。 

「やりたいことやりなよ」が口癖の会社 

ーはぎ地域資産株式会社は具体的に何をしている会社なんでしょうか。 

私たちはまちの編集者という表現をよく使っています。「萩にはもともといいものやいい人、いい場所がたくさんあるけれど、ただあるだけになってしまっていることが多いから、切り口や見え方を編集してくのが私たちの仕事だよね」というのが共通認識としてあります。
具体的な事業として、「いり吉」という飲食店の経営とukishimaという起業支援スペースの運営をしています。いり吉は萩の素材をふんだんに使っているしゃぶしゃぶ屋さんです。基本のレシピは鎌倉のフレンチレストランのシェフにベースを作ってもらって、それを萩の食材や調味料に合わせてアレンジしています。 

しゃぶしゃぶ

地元の食材にこだわったしゃぶしゃぶ料理

風情ある外観

いり吉は城下町である萩にぴったりの外観

ukishimaは私たちの事務所兼月1回のイベントスペースとして運営しています。過去には6回、u-pitchというプレゼンの場を設け、萩で何かをやりたい人たちがやりたいことを発表して、アイディアやお金など、他の人の手助けを得られる機会を作ってきました。10月からは、他の土地で活躍する人の話を聞ける機会を作っていきます。代表の新井さんも私たちも「やりたいことやりなよ」が口癖になっていますし、そうやってukishimaを利用する人たちの背中を押していけたらいいなと思っています。  

広々とした内観

イベントスペースとして使えるよう、ukishimaは広々としたつくり

萩から世界のロールモデルになりうることを 

ー会社として、今後の展開はどのように考えているんですか? 

もちろんどちらの事業も続けていくけれど、これからやりたいこともたくさんあります。特に私たちが注目しているのが、この浜崎という町です。本当に雰囲気のいい浜崎の中で、フードコートやフリースペース、レストランや宿のような場所もやりたいねって話もしているんです。フードコートは企画展として場所の用意や管理運営を私たちがやって色々な方に出店をしてもらうイメージです。図書館のような本の貸し出しスペースや常設展ができるような機能もつけたいと思っています。レストランは、ドレスコードはないけど「お父さん、シャツ着たら?」という会話が起こるような、ハレの日に使ってもらうイメージです。いり吉よりも、もっとゆったりと過ごせるお店にしたいと考えています。

襖に描かれているイラスト

ukishimaのある通りには、遊郭があったということもあり、2階の壁は奇抜なデザイン

ー会社として、そして小川さん自身がこれから目指していることはなんなんでしょうか。 

会社としては、今あるものを編集して、それが色々な価値観の人の目に触れるようになればいいなと思っています。そういったやり方で町を少しでも変えることができたら、日本、そして世界のロールモデルになりうるんじゃないかなと。個人的には会社のメンバーに限定せず、他の方とも色々やりたいと考えています。他の土地でも萩を感じてもらえるようなプロダクトの製作にも興味がありますし、他の土地とつなげられる人になりたいと思っています。個人的にやりたいことも会社としてやらせてもらえる状況なので、今はなんでも挑戦したいです。 

手を振る小川さん

「しゃぶしゃぶ、食べに来てくださいね。美味しいですよ」とukishima前でお見送り

 

●ukishima / はぎ地域資産株式会社  

住所|山口県萩市東浜崎町 4番地 6 

HPはこちら 

Facebookはこちら 

  

●いり吉 

住所|萩市椿東新川南区3039 

電話番号|0838-21-5210 

営業時間|11:3015:00 / 18:0022:00 

定休日|月曜、第135 日曜日 

HPはこちら 

Instagramはこちら