「金太郎」という魚の名前を聞いたことがありますか
「アジ」知っていますよねではつきアジはどうでしょう
山口県萩市の人にとっては常識ですが、私は知りませんでした。萩に移住してくるまでは。 

「道の駅萩しーまーと」では、そんなここでしか味わえない魚の味に出会えるかもしれません。 

14のお店と3つのレストランが切磋琢磨する道の駅

外観

萩市には、つの道の駅があります。これ、実は西日本で最多なのだそうそんな中でも、萩しーまーとは、特に観光客に人気があります。萩しーまーとの建物の裏は魚市場なので、鮮度が抜群というのも魅力の一つ
中に入ると、見慣れた市内の他の道の駅や直売所とはちょっと違う雰囲気です建物内は、4つの魚屋さんをはじめ14のお店3つのレストランがあり、それぞれのスペースで個別に販売しています。 

魚屋さんが4つもあるって大丈夫なの?と思ってしまいますが、それぞれに特徴があり、競合でありながらも、切磋琢磨しあっていい関係なのだそう 

アマダイ

鮮度が命。アマダイ 

サザエ

サザエ

例えば、「えびすや」は、地元で人気の魚屋さん。食べきりサイズのお惣菜刺身が充実していますこの安さ、手軽さは重宝します。ここで買って、エントランス付近のテーブル席で食べるのもよさそう 

パックのお刺身

えびすやの刺身

刺身のサクの種類が豊富なのは「さかなや三共生け簀のある萩魚(はぎうお)はお寿司もあったりと、それぞれに特徴のあるラインナップ。 

刺身

さかなや三共の刺身 

水槽

魚を間近に見られる生け簀は、子どもたちを釘づけに

 

の魚屋さんも、熟練のベテランが卓越した目利きで仕入れたもの。個人客だけでなく、地元の旅館や飲食店も買い付けに来られるのだとか。
魚の知識が豊富な店員さんと話すことができるのも、萩しーまーとの醍醐味です。 

海鮮丼

レストラン「浜料理 がんがん」で一番人気の海鮮丼

萩の魚がおいしいワケ 

萩沖の魚はおいしいワケを萩しーまーと2代目駅長の山口泉さんに教えていただきました。
火山群に属する萩沖の海底凸凹していて、魚の餌となるプランクトンがたくさん育ち栄養豊富な状態。そのため、美味しい魚が育つそうです。
冒頭のクイズ「瀬つきアジ」の「瀬つき」とは、この海底のプランクトンを食べ、ミネラルたっぷりに育ったアジのこと。回遊性のアジよりも脂のりもよく、ふっくらしているそう。 

カゴの上のアジ

瀬つきアジ

「金太郎」という魚は、別名を「ヒメジ」とい、フランス料理によく使われている「ルージュ」という魚に近いとか。 

三角州のある萩は、川から山のミネラルが海に流れていき、それが海の幸を作っているそうです。梅雨が明けたらウニが美味しくなると言われるのですが、まさに山のミネラルが海に流れるからだそうです 

魚のポスター

萩の魚。四季折々の旬の地魚

情報発信に力を入れている萩しーまーとで山口さんが発行する「萩の浜新聞」は、旬の魚の豆知識も得られます。ぜひ、手にとってみてください。 

バックナンバーはこちら  

手づくりのものに出会える

海産物加工品の種類も豊富です。こんなにたくさんの種類のじゃこ、しらす、いりこ、ワカメにはなかなかお目にかかれないのではないでしょうか
嬉しいことに試食を楽しめるお店が多いのです。 

手作りのじゃこ

創業明治元年の老舗「大つち」のじゃこ。無添加の手づくり。甘辛い味がたまらない

天ぷら

村田蒲鉾店の揚げたて天ぷら

萩魚で販売している、漁師のおばちゃんが作った「XOにも注目です。じゃこたっぷりとイカたっぷりの2種類があり、日本海で獲れたじゃこ、萩沖でれたスルメイカを刻むところから瓶詰めするところまで手作業で作られているそう。
さらに、これ、KIHACHI創業者である熊谷喜八シェフが監修をしたレシピとあって、味は間違いなしですね。ほかほかご飯にのせるもよし、チャーハンなどの料理のちょい足しとしても重宝しそうですよ。 

調味料の瓶

萩の魚 もったいないプロジェクトから生まれた商品

おいしいお祭りがたくさん

萩しーまーとは、旬の魚をテーマにしたお祭りが年に数回開催されます。
10月に開催された萩・魚まつりでは、幻の高級魚「キジハタの刺身無料試食や金太郎の握り寿司の無料試食もありました
無料試食や格安販売なくなり次第終了なので、朝一番に行くのがおすすめです。
3月には「萩の真ふぐ祭り」に「萩・しらうお祭り」。7月は「萩・瀬つきアジ祭り」と行われるので、要チェックです 

イベント情報はこちら  

萩を味わい尽くせる場所

魚の話ばかり連ねてしまいましたが、野菜や果物、県産和牛が買える精肉店、お漬物、地酒、味噌、醤油なども揃っています。お漬物屋さんでは、旬の果物のフレッシュジュースが飲めるのも嬉しい。ほとんどが萩とその周辺のものにこだわったラインナップ。
エントランスのテラス席付近には、萩焼だって売っていす。数百円というリーズナブルなお値段のものも。 

萩焼

エントランスで販売。窯元「松光山」の萩焼

ここは、萩を味わい尽くせる場所と言えるかもしれません。
萩に来たら、ぜひ、萩しーまーとに行ってみてくださいね。 

 

萩しーまーと

住所|山口県萩市椿東4160-61

TEL①|0838-24-4937 

TEL②|0838-24-1192 

営業時間|9:30~18:00   (金土日祝)9:00~18:00   店舗によって営業時間が異なります。 

休館日|1月1日のみ 

公式HPはこちら