栗の実やドクダミの花、そして緑の苔がむす大地の上を、空への階段のように伸びる木組みのアーチ。岩国錦帯橋空港(山口県岩国市)の施設に入るとすぐ目に飛び込んでくる巨大なオブジェは、縦1.7メートル、横5.9メートルもあります。 

オブジェ

groWing~原風景」と名付けられたこのオブジェを制作したのは、地元で「フラワー&デザイン サリュ」を営む上廣小百合さん。「岩国市や近隣の方が懐かしく感じる風景、そしてこれから無限の未来へ向けて飛び立つイメージを表現しました 

空港の利用者数が300万人を突破した記念として依頼を受け、201911月末に公開できるよう5カ月かけて完成させたそうです。 

制作中

オブジェ制作中の上廣さん

「すべては自然がお手本」

きれいに咲き誇る花だけでなく、枯れたものも、虫食いの穴が空いた葉っぱも美しい。それぞれがベストな状態なんです」と上廣さんは言いますすべては自然がお手本。道路ののり面に生い茂っている雑草とか、じっと見入ってしまいますね」そうした独特の感性は、空港のオブジェだけでなく岩国市の卸売市場敷地内にある店舗も表れています。 

店内

や緑が溢れ出てくるような店内テーブルや棚だけでなく、天井からも緑がぶら下がっています 

よく見ると色鮮やかな生花だけでなく、葉っぱをあしらったアクセサリーや多肉植物が飾られたペン、結び目に花が咲いているカーテンタッセル、つる性の植物と一体化したサンキャッチャーなども。アーティフィシャルフラワーを使った上廣さんのオリジナル商品です。 

「生花の代替え品といったイメージが強いアーティフィシャルフラワーですが、まったく新しい可能性を持っているものなんです」 

タッセル

花が咲いているようなカーテンタッセル

イヤリング

自然の花の状態を模したイヤリング

すべてが調和する一点を探して

上廣さんの作品に流れる自然への敬意。それらは20歳のころに通っていた生け花教室の先生から学んだ」とのことです。 

花はコントラストが大事音楽を奏でるように、濃いもの淡いもの、静と動などを併せるといい教わりました 

んな上廣さんが大切にしているスタンスは、「すべてを生かすこと」 

お客様が求めるイメージの中心にある、本当に大切な芯だけで表現された作品も素晴しいと思います。でも私は、できる限り削りたくはないんです 

花を持つ女性

例えば、ブライダルの会場装花。新婦は料理好き、新郎はゴルフ好き。2人は地味な式を望んでいるけれど、親や親類は派手で賑やかに祝いたいと願っているとした場合……。「それでもなにかを生かすために、ほかの要望を我慢してもらうことはしません。どんな想いもすべてを併せつつ、それでいて調和する絶妙なポイントが必ずあるんです」 

それはまるで、「ロックバランシング(河原などで崩れないように石を積み上げる遊び)のようなもの」と上廣さんは表現します。「完全にバランスが取れる一点。そのポイントを見出すには、ものすごい集中力が必要とされます。だからこそ世界にただ一つの空間が誕生するんですね」 

想いを汲み取った作品に

生け花と出会って以来、花の世界に魅せられ続けてきた上廣さん。24歳で会社員をやめ、生花店で働いたり、東京のフラワーデザインの学校に通ったりしながらセンスを磨き、32歳で独立。自宅にアトリエを構えて注文を受けていました。その間もずっと「いつか自分の店を」と構想を温め続け、子育てが一段落した2015念願の店舗を開ました。 

外観

地域全体が関わる大きな案件も、たったお一人のためのブーケでも、お客さんに向き合う上廣さんの姿勢は変わりません。それは「その花に繋がる人の想いを汲み取ということ。 

「例えば、お見舞い用に元気のでる花束をつくってほしいと頼まれたとします。でも受け取る方は、励ましより、癒しを求めているかもしれません。お相手の状況をお聞きして、そこまで分かった場合には、エネルギーの強いカラフルな花ではなく、優しい白や、淡いパステルの花を束ねることもありますね」 

そのためにカウンセリングするようにお客さんの話に耳を澄ませ、想いを感じとること欠かしません 

色とりどりの花束

「いつか結婚式そのものをプロデュースしたい」  

花は空間を別の世界に変える力を持っているんです。その花の力で店舗や会社の思いを表現してみたいと考えています。そしてつの日か、花だけでなく結婚そのものをプロデュースしてみたいと思っています 

大好きな仕事を続けつつ、大きな目標に向かって走り続ける上廣さん。妥協することなく理想を追う毎日のなかで、ときには心が折れそうになることも。それでも前に進めるのは「やっぱり花が好きだから。これからも、一輪の花、一枚の葉っぱの力を借りて、お客さんの想いの中にある物語を紡いでいきます 

花が溢れる店内

未来へ羽ばたく記念オブジェのその先へ。上廣さん自身がこれからどんな物語を紡いでいくのか、楽しみです 

 

住所|山口県岩国市尾津町5-11-1 岩国市地方卸売市場内

営業|11:00~16:00

定休|水曜、日曜

TEL|0827-28-4008

公式HPはこちら