好きな柄、肌触りの服を、布だけでなく、糸から選んでつくる……。

そんな気が遠くなりそうなことを、楽しみながら実践し、広めている女性がいます。

「この紫のマフラーはカシミア。それにウールのチュニックに、同じくウールのスカート。全部糸から織ってつくりました。誰でもできるようになりますよ」。織物師・羊毛作家の佐古かおりさんは、弾むような声で作品を紹介してくれました。

岩国市岩国、錦帯橋近くにある佐古さんの工房に入ると、色とりどりの糸と、木製の織機が並んでいます。

「織りというと大変な設備が必要で、難しそうというイメージが強いけれど、やってみるとそれほどでもありません。ただ、奥はものすごく深いですけどね」

マフラーなら1日で完成

例えば、マフラー1本なら初心者でも1日のワークショップで完成させることも可能だとか。「ギーコン、バッタン」と音がする「鶴の恩返し」的な機織りのイメージしか持っていなかった僕には、ちょっと驚きです。

「これはリジッドというコンパクトな織機。こうしてひざに載せて使うんです」。そう言うと、佐古さんは幅70センチ、奥行き60センチほどの織機を使ってすぐに実演を始めました。

縦糸の中に横糸を通し、「トントン」と織り込んでいく。その繰り返しで少しずつ布が形になっていきます。「リジッドは価格も手ごろなので、その気になれば誰でも、いつでも始められますよ」

アルパカやヤクなどの毛も

糸は色だけでなく、種類だってたくさん。「私は自然素材のコットン、ウール、シルクのほか、アルパカ(南米のラクダの仲間)や、ヤク(ヒマラヤ山脈などに生息する牛の仲間)など、日本ではあまり目にすることのない毛も使います」

こちらはヤクの毛と、それを紡いだ糸。触ってみると、すごく柔らかくて、確かに軽い! こういうものを自在に選びながら自分の服をつくれるなら、暮らしの味わい方がずいぶんと深まるだろうなと感じました。

「手間暇はかかります。だけど、そうした時間の使い方自体が大好きなんですよね」

【糸車を操作して糸を縒っていく】

佐古さんが織物に出会ったのは2005年。当時、岩国市内にあった織物の教室に通い、「色やデザインを考えながら、理想を形にできる」と、その世界にすっかりはまったそうです。

東京の教室などにも出向いて知識と技術を磨き、2017年に25年間勤めた服飾メーカーを退社。その3ヶ月に起業し、工房「STUDIO WWWOOL」を開設しました。

WWWOOLは、Wool(羊毛)に、Wonderful(素晴しい)、Weave(織る)という英単語の頭文字を組み込んだ、佐古さんの造語です。

織物のためなら、1600メートルの高地もなんのその

面白い織物があると知ると、フットワーク軽く世界中どこへでも行きます。

2017年は南米グアテマラとベトナム、翌年はエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国を巡りました。

ベトナムでは、山岳民族の伝統工芸品に触れたくて、ハノイからバスで5時間揺られて標高1600メートル付近にある町へ。

【ベトナムの山岳民族の人々 佐古さん提供】

そこでは織物だけでなく、描かれたように精巧な刺繍にも衝撃を受けたそうです。

「あまりの美しさに感動して、路上で刺繍を実演販売していた女性から、その場で何時間も作り方を教えてもらいました」

【ベトナムで出会った精巧な伝統刺繍】

世界には、知られざる伝統の布製品がたくさんがあると実感した佐古さん。

「いつか、ベトナムやグアテマラの織物などをフェアトレードして販売したい。そうすることで、この素晴らしさに触れる人が増えていくし、同時に伝統を受け継いでいる現地の人たちのサポートにもなる」。そんな夢も膨らませています。

織物を通じた出会いは、遠い外国だけでなく、地元山口でも広がっています。「羊を飼っている防府市の女性と知り合ったんです。その方の羊の毛を使った作品展を開いていきたい。『山口ウール』ってネーミングで展開するつもりです」

【「山口ウール」を手に夢を語る佐古さん】

いつか「織りカフェ」を

もうひとつ、佐古さんがライフワーク的に温めている構想があります。それは、織物をしながらお茶を楽しむ「織りカフェ」を開くこと。

「いずれは織物だけでなく、刺繍や編み物、縫い物など、得意な手仕事を持つ人たちのコミュニティの場にしていきたい。好きなことで収入を得ながら、手仕事で繋がった人たちとゆっくり人生を楽しめたら最高だな、と」

出会いを紡ぎ、時間をかけて人生を丁寧に織りあげていく……。効率、要領、スピードが偏重される世の中で、そんな佐古さんの生き方がこれからどんなタペストリーを生み出していくのか、とても楽しみです。

取材時期:2019年5月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

STUDIO WWWOOL

住所 山口県岩国市岩国2丁目4-3 ライブデポ1F
TEL 080-3875-2491
定休日 不定休
URL https://www.instagram.com/explore/locations/270671910037868/studio-wwwool?hl=ja