pisei2

「こんにちは!いらっしゃいませ!」
いつでも明るい笑顔で迎えてくれる店主、リム・ピセイさん。山口県周防大島で「O-KUN(オークン)」というカンボジア料理店を営んでいます。 

周防大島のカンボジア料理店「オークン」

shop 

オークンがあるのは周防大島唯一の道の駅「サザンセトとうわ」の敷地内です。チャレンジショップ※という期間限定の店舗が立ち並ぶ一角に、2017年春オープンしました。
メニューには「クイティウ」や「サイチュル丼」など聞き慣れない言葉が並んでいます。
今回はオークンの定番メニューである「クイティウ」をアレンジした新メニューをご紹介! 

※周防大島での起業を応援する取り組みとして、町が貸し出している店舗。3年ごとの更新で最長6年まで借りることができる。  

一度食べたらやみつきに!オークンの「クイティウ」 

noodle1

新メニューの「クイティウスパイチュー」。豚骨とナンプラーベースのスープに米粉の麺が合わさった、いわばカンボジア風ラーメンです。クイティウスパイチューにはトッピングの豚挽肉に高菜が加わっています。 

noodle2

一口食べると、ツルッとモチモチの麺にスープのコクが合い、クセになる味わい!
「ご飯と相性抜群の高菜なら、きっと米粉麺とも合うはず」
そんな思いから生まれたクイティウスパイチューは、まろやかなスープにピリッとくる高菜がアクセントになっており、さらにその美味しさを進化させています。お好みでチリソースも追加できますよ。 

その他にも鶏モモ肉と生姜を使った「サイモアン丼」や豚バラ肉とレモンの隠し味「サイチュル丼」など、カンボジアの家庭料理が楽しめます。優しくてどこか懐かしいその味わいは、日本人の味覚に合うように工夫しているのだそう。 

ところで、カンボジアで生まれ育ったピセイさん。どうして周防大島に来られたのでしょう? 

カンボジアから日本へ 

pisei1

「小学生の頃、知り合いのおじさんが日本語を話していて、美しい音だなと感じました」 

テレビ番組や映画を通じて徐々に日本文化に興味を持ったピセイさん。先に都会に出て日本語を学んでいた兄から「これからの時代は、英語の次に日本語も話せた方がいい」と聞かされました。しばらくして大好きだった兄が病気で他界。兄の思いを汲むかのように塾や大学で日本語を学び、日本語教師だった奥様との出会いをきっかけに来日することになりました。その後、中華料理のチェーン店に就職。広島や横浜など全国各地で勤務し、料理の腕と接客力を磨きました。そして10年経った頃、独立起業を考え始め、開業場所に選んだのが周防大島でした。 

周防大島へ一家で移住 

oshima

「周防大島には妻のおばあちゃんが住んでいて、来日したての頃、結婚の挨拶に訪れました。綺麗な海や山、自然があって、映画の中で見ていた景色だ!と感動したんです。ご近所さんも『みかん食べて』って持って来てくれたり、人の温かさを感じました」 

周防大島町が移住促進に力を入れていることも、この地で開業を考えるきっかけになったといいます。 

人と人のつながりを大切に 

pisei3

お客さんに気さくに話しかけるピセイさん。 

「カンボジア料理って初めて食べたけど、本当に美味しいわ〜!」
「私は海外に行ったことがなくて、和食しか食べられないと思っていたけど、これならいける!」  

そんな声が聞こえてきます。
観光客はもちろん、島内にもピセイさんファンの多いこと!実は、私もその一人です。なんだかピセイさんに会うだけで元気をもらえるんですよね。 

blankets

屋外にあるチャレンジショップ。食事するお客さんが寒くないようにと、座布団やブランケットが用意されている

phrase

ピセイさんが大事にしている相田みつをさんの言葉

これまでお世話になった多くの人のおかげで今の自分がある。そんな感謝の気持ちを込めて、店名にはカンボジア語で「ありがとう」の意味である“オークン”と名付けました。 

「オークンを通して周防大島を盛り上げたい!多くの方にカンボジアを知ってもらい、日本との架け橋になれたら嬉しいです」 

最後はキラキラした笑顔で今後の目標を話してくれました。
一度訪れると誰もが惹きつけられるオークン。あなたもぜひ体感してくださいね! 

 

執筆時期:2020年2月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

O-KUN(オークン)

住所|山口県大島郡周防大島町西方1958-77 道の駅サザンセトとうわ敷地内

TEL|080-3055-1867

営業時間|11:00〜16:00

定休日|水曜日

Facebookページはこちら