パンの焼ける甘い香りと、チクタクと刻む時計の音。萩のパン屋さん「yuQuri(ゆくり)」には優しい時間が流れています。
そんなyuQuriを営むのは、中原昌代(なかはらまさよ)さん。前職は福祉関係。一生の仕事と志していた福祉の道を離れ、なぜパン屋さんを開くに至ったのか。今回、その想いに触れさせていただきました。 

パン

陶器のお皿に並ぶ可愛らしいyuQuriのパンたち

福祉の道で生きていこうと決めた 

中原さんは山口県長門市出身。大学進学で京都に出てからは、インテリアカタログの制作会社に就職。0から何かを形にする面白さに魅了されつつも、遅くまで働き詰めの日々。6年が経ち、やり切った気持ちもあったため、山口県にUターン萩市役所に臨時職員として就職しました
そこで配属されたのが、社会福祉課でした。
「何をして生きていこうってずっと考えていて。市の臨時職員として福祉に関わったことがきっかけで福祉の勉強を始めました。勉強をしているうちに、この道で生きていこう、一生の仕事にしようって思えるようになったんです」 

その後、NPO法人での障害児療育支援員を経て、萩市の障害者福祉施設に転職。順調にキャリアを重ねているように見えますが、中原さんは葛藤の日々だったといいます。
「職場としての環境はすごくよかったんですが、熱量の違いからもどかしさを感じることも多くて。仕事の傍ら、ケアマネージャーや社会福祉士の資格を取ったりしていました。制作会社に勤めていた頃の名残で残業をしてでもいいサービスをしたいと思ってしまっていたんです。でも、組織の中ではなかなか自分の納得のいくところまではできないですよね。それがどうしてももどかしくて」 

見送る

撮影の合間、通りがかりのご近所さんに手を振る中原さん 

転機となったパンとの出会い 

その後、転機が訪れました。新規事業として菓子製造事業が立ち上がることになったのです。パンを作ったことはなかったものの、0から何かを始めるということに惹かれた中原さんは一から猛勉強。 

「『菓子製造と言えば中原さん』と言われるように頑張りました。はじめは、会社の出張として光市のパン教室に月に一回、途中からは自主研修として3年間通い続けました」 

新規事業は無事、軌道に乗りましたが、中原さんは福祉とパンの両立に限界を感じるようになります。
「納得のいくとこまで存分にやりたい」
福祉に向き合うか、パンに向き合うべきか。悩んだ末に中原さんが選んだのは、パン屋さんになるという道でした。 

あんバター

一番人気のあんバターぱんは、yuQuriのイチオシ。やわらかいパンに甘じょっぱさがクセになる 

日常に溶け込めるパン、街に溶け込めるパン屋に 

20157月、yuQuriという屋号で念願のパン屋さんをオープン。コンセプトはパンとお菓子とささやかなこと。
「『ささやかだけど、役に立つこと』という短編小説のストーリーのひとつに、ケーキ屋さんの話があるんです。ある夫婦が子どもの誕生日ケーキを予約していたけれど、ケーキを受け取りに行く前に、交通事故で子どもを亡くしてしまう。そんな事情を知ったケーキ屋さんは、小さなパンを作って夫婦のもとに持って行ってあげるんです。そのパンで夫婦の気持ちが少し救われる……そのストーリーを読んで、パンはささやかなものだけど、人の気持ちを温かくするものなんだなって思ったんです」  

yuQuriのパンは、主張をするようなパンではなく、日常に溶け込めるようなパンを心がけているといいます。誰かとパンを食べる時間が幸せなものだったらいいな、と。そんな思いのこもったパンは、老若男女、子供から年配の方まで広い世代から親しまれ、高齢の方でもリピートで買いに来てくれる方が多いのだそう。 

窓際の席

yuQuriの二階にはイートインスペースも。心がほろっと解けるようなやさしい空気感はここにも

本棚

中原さんが集めた素敵な本が並んでいるので、一人でもゆったりと過ごすのもおすすめ

美味しいと感じるものを提供したい 

yuQuriのパンは、素材にできる限り国産のものを使用。小麦は九州の「ミナミノカオリ」、塩は長門市の「百姓の塩」。一番人気のあんバターは北海道の「四つ葉バター」を使用しています。徹底的に体にいいものを、ということではなく、中原さんが食べて美味しいと感じるものを選んでいるのだそう。 

最近は、顔が見える生産者さんから食材を仕入れ、旬に合った多様なメニューを試みています。例えば「もち麦と大麦のベーコンと柚子こしょうのぱん」は、萩市のアグリードという会社が無農薬のもち麦と大麦を使って、「お米のシロップ」という商品を開発する際に絞り出された殻を使用。商品にはならなかった部分ですが、オリゴ糖も含んでいるので栄養価も高いのだそう。 

そして、ベーコンは萩ミートという地元企業に発注。ベーコンの厚みにもこだわり、食べ応えのある厚さを指定しているのです。柚子胡椒は、こちらも地元企業である柚子屋本店から仕入れているものです。 

パンについてお話を伺うと、素材に関わる企業や生産者の名前が溢れるように出てくるのは、声をかけていただけるご縁を大切にしたいと考える中原さんの思いがあってのこと。

手書きメニュー

たくさんのこだわり素材が詰まったパン。手書きのメニューカードからも温もりが感じられる

「これからはドーナツを展開していきたいなドーナツには夢がありますよね。あとは私の住む萩市の三見という地区で作られているキクラゲを使ったピロシキの商品化もいつかやりたいと思っています」
仕込みから製造、対面販売のほとんどを一人でこなし、店休日には福祉施設でのパン教室やイベント出店……そんな大忙しの毎日にもかかわらず、本当にいい顔でパンの話をされている中原さん。 

笑顔

「パンはささやかなものだけど、人の気持ちを温かくする」
「日常に溶け込めるようなパン」
「誰かとパンを食べる時間が幸せなものだったらいいな」
そして地域とのご縁を大切にするのも、せんぶ福祉とつながっている。 

中原さんが大切に想うものが詰め込まれているお店だと感じられる取材でした。 

 

●yuQuri 

住所|山口県萩市唐樋町9 

電話|0838-21-7789 

営業時間|11:00〜売り切れまで 

定休日|日〜火、不定休 

Facebookアカウントはこちら

Instagramアカウントはこちら

 

執筆時期:2020年2月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。