鋭い眼光でこちらを睨むハイイロオオカミ。森の中で遭遇したら、一瞬で背筋が凍ってしまいそう……。

狼

(写真提供:旅する羊毛)

迫力満点のオオカミですが、実は「羊毛フェルト」で作られているんです!羊毛フェルトとは、針で羊毛を刺しながら、自由自在に動物や人形を形作る手芸の一種。犬や猫、小鳥など可愛らしいモチーフは見たことがあるのですが、こんなドキッとする作品に出会ったのは初めて。一体どんな方が作られているのでしょう?

山口市阿東の「旅する羊毛」へ

二人

訪れたのは、山口市の北部に位置する阿東地区。羊毛造形作家の郭伝灝(かくでんこう)さんと、妻の酒向令恵(さこうのりえ)さんが出迎えてくれました。お二人は「旅する羊毛」という名で活動されています。

atelier

アトリエには色とりどりの羊毛や、郭さんの近年の作品が展示されています。過酷な環境に耐えられるクマムシや、毒を持つヒョウモンダコ、生きる化石と呼ばれるオウムガイなど、そのどれもが一風変わった生き物たち。

mogura

こちらは「ホシバナモグラ」。たくさんの突起がある鼻を使って、土中の獲物を探すのだそう。郭さんの作品を見ていると、未知の生物への生態に興味が湧いてきます。
なぜ犬や猫など単純に「可愛い」と言われる動物ではなく、こんな不思議な生き物を羊毛フェルトで作るようになったのでしょう?

羊毛で表現する野生

man

2002年に留学生として中国から来日した郭さん。大学在学中から旅が大好きで、これまでに2度、自転車で日本一周をした強者です。

「北海道の知床に立ち寄った際、至近距離でヒグマの親子に出くわしたんです。親熊と目が合った瞬間、『もう自分は死ぬんだ』と直感しました。普通なら子グマを守るために攻撃されてもおかしくない状況でしたが、襲われなかった。あの時の感情が今でも鮮明に胸に残っています」

攻撃されなかった理由について、ヒグマから自分に託された任務があるのではないか、と考えるようになったといいます。

「人間は動物の一種であり、私たちは動物と共に生きるべき。羊毛フェルトで様々な生き物を製作することで、作品を見てくれた人に環境保護や野生動物を守ることの大切さに気づいてもらえれば嬉しい。“羊毛フェルト”という形をとると、どんな人にも入りやすく興味を持ってもらいやすいと思うんです」

dodo

絶滅種や絶滅危惧種をモチーフにした「顔シリーズ」の一つ、ドードー鳥。“1681”というのはドードー鳥が最後に確認された年

sketch

製作に取り掛かる前に、その動物の生態や生息地、歴史などを学び、スケッチを描く

個性的な羊毛作品を生み出す作家として活動する郭さんですが、羊毛フェルトを始めたきっかけは妻の令恵さんにあったそう。

woman

令恵さんはイベントや個展などで、作品のディスプレイや広報を担当している

「阿東に越してきた頃に、近くの町で羊の毛刈りイベントがあって、そこで羊毛と針を買って帰ったんです。まだ移住したばかりであまり仕事がなかったから、『これで何か作ってみたら』と夫に勧めました」

2013年の冬頃から、自己流で羊毛フェルトのキャラクターや動物を作り始めた郭さん。毎日一つ、何かしら作って人に見てもらうようになり、徐々にその腕前を上げていきます。2014年6月には友人とグループ展に初出展。その後、作家として製作を行うようになりました。

羊毛造形作家としてのこだわり 

「可愛い」「手仕事」「誰でもできる」というイメージが強いという羊毛フェルト。作る人にも求める人にも、圧倒的に女性が多い世界ですが、意外にも「旅する羊毛」ファンには男性のお客さんが多いのだそう。

man

「自分が作家としてどう生き残っていくのか、自分にしか表現できないことは何か、常に考えています。こだわりがあるから、オーダーメイドは受けられないし、生き物の背後にあるストーリーを徹底的に調べて、完成形を頭の中に想像してから作るので、時間もかかります」

作品のこだわりの一つが、羊毛100%で作ること。本物に近づけるためにワイヤーやグラスアイなど色々な素材を使うこともできますが、それはしたくないと言います。

「いつか僕がつくった小さな命たちに終わりの日がやってくるとき、そのままの姿で自然に帰っていってほしい。それに素材を混ぜて忠実に作ったら、標本みたいな作品になってしまう。私は生き物の程よいリアルさを表現したいんです」

penguin

皇帝ペンギンの親子。まるで息遣いが聞こえてきそうな姿に引き込まれる(写真提供:旅する羊毛)

作り上げた動物を阿東の豊かな自然の中に置き、写真を撮る。この工程をもって作品がやっと完成するのだそう。

「今後は実際にその動物が暮らす場所に行き、写真を撮りたいですね。写真を撮りためて、ストーリーを考え、絵本も作れたらいいな」

野生動物への愛情に溢れた郭さんの瞳に、羊毛造形作家として生きていく覚悟のようなものが垣間見えました。

 

 

旅する羊毛

住所|山口県山口市阿東

TEL|080-5613-1688

メールアドレス|earthmankaku.kaku@live.jp

Facebookアカウントはこちら

Instagramアカウントはこちら

 

執筆時期:2020年3月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。