600年の歴史がある山陰の温泉郷、長門湯本温泉(山口県長門市)。  

川沿いに旅館などが建ち並ぶ温泉街で、古くから親しまれてきた立ち寄り湯「恩湯(おんとう)」が2020年春、新しく生まれ変わりました。 

川

橋

リニューアルした恩湯

取材を前に、さっそくお湯に入ってみました。
木の香りの漂う、解放感のある室内から一変。浴室は、間接照明でほのかに照らされた、洞窟のような空間になっています。 

浴室

温泉の湧く岩盤を眺めながら 

浴槽は深く、1メートルあます。少しぬる39のお湯にゆっくり浸かっていると、数時間のドライブの疲れもそっと癒されていきました  

泉質はアルカリ単純温泉。入るとすぐに肌触りがすべすべになった気がしました
浴室の奥には岩盤が見えます。実は、施設全体がこうした岩盤の上に建ちその岩盤から湧出する温泉を直接掛け流しで使っているのが恩湯の最大の特徴なのです。 

ただ岩盤の存在については、リニューアル工事に入るまでほとんど知られていなかったそう 

30年ほど前に建てられた旧施設は、岩盤をすべて覆う形で浴室が建てられていました。ボーリングなしにお湯が出ているなど、旧施設を取り壊すまで誰も想像していなかったのです」と恩湯の山本貴史マネジャーは話します。 

新しい恩湯は、ぜひ岩盤を生かしたつくりにしたい-。その思いを形にしようと恩湯を運営する長門湯守(株)では仏生山温泉(香川県高松市)を手がけたことで知られる建築家・岡昇平さん設計を依頼。こうして、岩盤の一部を眺めながら温泉を楽しめるいまの浴室が完成しました。 

伝説の大明神が鎮座 

 

大明神

御幣の向こうに住吉大明神が祀られている

岩盤の祀られているのは、住吉大明神の石像です。 

室町時代、住吉大明神から泉源を授かったという湯本温泉誕生の伝説にちなむもので、石像は旧施設にあったものを受け継いでいます。 

斬新でありながら、伝統を生かして生まれ変わった恩湯。幼いころから親しんできた地元のお年寄りからも「わしらが子どもの頃はこんなんじゃった」と好評とのことです。 

湯上がりには、ガラス張りの休憩室でほてった身体をゆっくり休めることができます。 

休憩室

湯上がりの身体にそっと馴染む恩湯食 

恩湯のリニューアルとともに、飲食「恩湯食」新設されました 

屋根

地元の長州鶏をメインにした和食が中心。この日筆者は、看板メニューの「長門鶏飯セットを注文してみました 

酒蒸しにした鶏肉を、その出汁を和えたご飯地元の新鮮野菜とともにいただきま濃すぎることのない、優し味付け。リラックスした心と身体にそっと馴染んでいくようでした。 

長門鶏飯

長門鶏飯セット。季節野菜のマリネとスープも付く

川沿いは散策スポット  

食後、温泉街を流れる音信川(おとずれがわ)沿いを散策してみました。
川沿いの道のあちこちに、河原まで降りられる階段がしつらえてあります。川床には遊歩道があり、対岸まで渡れる飛び石も。筆者もぴょんぴょんと飛んで対岸に渡ってみました。 

看板

飛び石

川向かいの通りにも、旅館や商店のほか、古民家をリノベーションしたカフェも。店内には川にせり出したテラスもあり、せせらぎを聞きながら静かに一服できます 

建物

古民家をリノベーションした「カフェ&ポタリィ音」

(詳しくはこちら)  

テラス

夜は一転、幻想的に 

温泉も、町並みも楽しめる温泉恩湯の山本マネージャーによると、もうひとつとっておきの楽しみ方があるんだとか。それは、夜景。 

夜景

幻想的な夜景(長門湯守提供)

特に、一帯の整備に合せて恩湯と恩湯食の間に整備した竹林は圧巻とのこと。川沿いから一直線に続く竹林の階段が、照明のなかでほのかに浮かび上がる光景は「本当に幻想的。こんな美しい景色がほかにあるのか……と思ってしまうほど見事です」(山本マネージャー 

夜景

照明に浮かび上がる竹林。幽玄な雰囲気が漂う(長門湯守提供)

この照明水木しげるロード(鳥取県境港市)の「妖怪影絵」手がけたことでも知られる気鋭の照明ザイナー長町志穂さんLEM空間工房設計。写真からも、異世界へと通じるトンネルのような美しくも不思議な雰囲気が感じられます。 

筆者がこの地を訪れたのは約20年振り。鄙びた温泉街が、その風情を生かしつつ新しい魅力を生み出していることに驚きました。今度は泊まりがけで、一帯をじっくりと散策してみようと思います。 

 

執筆時期:2020年6月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

住所|山口県長門市深川湯本2265番地

営業|10:00~22:00

定休|第3火曜日

入浴料|大人平日700円、土日祝日800円、繁忙期(年末年始など)900円/4~12歳400円/3歳以下無料 

TEL|0837-25-4100

HPはこちら