「ハンドボール王国」と呼ばれる山口県。県内の高校生チームは男女共に全国で輝かしい成績を残し、日本代表として活躍する選手も多数輩出しています。その一方で卒業後はハンドボールをする環境がなく、県外でプレーするか引退せざるを得ない実情も……。
そんな中、ハンドボール競技者の受け皿を作るべく誕生した「山口銀行YMGUTS(以下、YMGUTS)」。この春、日本ハンドボール界のトッププレイヤー・東佑三さんを新監督に迎え、今、大きく飛躍しようとしています。

東さんは下松工業高等学校を卒業後、大学を経て、実業団チーム大崎電気に入団。12年間在籍したチームを離れ、2020年4月、YMGUTS新監督として地元山口にUターンしました。
所属していた大崎電気は2019年のタイトル4冠を総取りし、自身もベストに迫る成績を残すなど、過去最高のシーズンを送りました。周囲から「まだ全然やれる」「もったいない」と言われる中での引退、そして地元の小さなチーム監督への就任。決断に相当な覚悟が必要だったのは間違いありません。

今回、東さんにその想いを詳しく伺いました。

2019シーズン、大崎電気はチーム史上最高の成績を残した(本人提供 ※後列右から4番目)

ハンドボールで人づくりを

―引退するのに悩みましたか?

実際まだやれるなとは思っていたので、引退することはかなり悩みました。でも、山口銀行が、地域に密着したハンドボールチームの監督を地元出身者で探していると聞き、実際に関係者に会って話を伺いました。チーム強化はもちろんのこと、地元出身者を中心にハンドボールで地域を盛り上げていくというチームコンセプトに感銘を受けたので、監督になることを決意しました。
私自身も県外でプレーし、山口県の実情を知っているからこそ、チームのため、地元のために一肌脱ぎたいと思ったのが大きな理由です。

学生向けのゴールキーパー講習会で講師を務める東さん

東さんの話に耳を傾ける指導者の方々。指導にも熱が入る

ハンドボールを通じて、どういった地域活性化を考えていますか? 

子どもたちの育成のお手伝いをしたいと思っています。ハンドボールは『走る』『投げる』『跳ぶ』の3要素が含まれたスポーツです。この要素はその他の競技にも繋がり、初めて触れ合うスポーツとして適していると思います。
また、チームスポーツなのでいろいろな人とコミュニケーションを取り、皆でパスを繋いでシュートを打つ。そうすることで思いやりの気持ちが備わったり、上手になるために一生懸命頑張る行動もできるようになります。
あと、何よりハンドボールは楽しいです!子どもたちがスポーツと触れ合う機会を増やして活気のある街にしたいですね。

―単にハンドボールの競技者を育成するだけではなく……

はい、スポーツを通じた地域全体の子どもの育成を視野に入れています。まずはハンドボールを通してスポーツの楽しさを伝えたい。監督としては、山口県のスポーツチームと言えば、YMGUTSと呼ばれるチームにしたいですね。

ハンドボールはアマチュアスポーツと言われていますね。

確かにハンドボールは、競技人口13万人くらいで日本のスポーツの中ではマイナースポーツの位置づけですね。でも、だからこそなのか、ハンドボールのネットワークって全国どことでも繋がっていてすごいんですよ。むしろハンドボールをやっている人は「こんなに面白いスポーツがなぜマイナーなのか」と常に思っていて、そこからくる仲間意識の強さが強いネットワークを生み出しているんだと思います。
私も新しい環境でスタートしてすぐの時、全国各地でハンドボールをやっている先輩や各県の実業団チームの監督の皆さんから「困ったことがあったら何でも相談して」と連絡をもらいました。マイナーだからこそ、皆で協力する気持ちが強いのだと思います。営業先で初めてお会いする方がハンドボールをやっていたと聞くと嬉しくなりますね。

地元記者から取材を受ける東さん。取り組みを知ってもらうため、積極的に取材に応じる

地域に愛されるチームを目指して

YMGUTSをどのようなチームにしていきたいですか? 

第一目標は地域の皆さんに愛されるチームになる事です。強くなることはもちろん大事ですが、ハンドボールを知らない人に認知されるように活動していきたいですね。イベントへの参加や小中学校の授業もさせていただき、今までハンドボールを知らなかった人に楽しさを伝えていきたいです。マイナースポーツなので、ちょっと1回試合を観てみようかなと興味を持ってもらいやすいかもしれませんしね。

YMGUTSの選手に指導する東さん。新しいチーム作りに燃えている

選手から監督に立場が変わりましたが、やりがいや苦労していることはありませんか?

コーチングは初心者なので日々勉強しています。戦術だけではなく、トップチームで学んできた自分の経験も選手に伝えたいので、どうやったら言葉や行動で上手く伝えることが出来るのかも考えています。
YMGUTSは日中銀行業務を行い、終業後にジュニア組織のリトルガッツに出向き練習をサポート、その後チーム練習を全力で行っています。社会人としても会社の戦力となり、プロ意識を持ったチームにしていきたい。私自身も銀行員として必要な資格を取るため猛勉強中です。
新型コロナの影響で満足に練習ができない状況ですが、学ぶ意欲が高い選手が多いので、それに応えていきたいですね。日々成長しようとしている選手とトレーニングをするのが今のやりがいです。

山口県ハンドボール界を背負って

これからにわくわくしていますか? 

自分の好きな山口県で自分の好きなハンドボールの監督という仕事に携われることに使命感を感じています。ハンドボールを通してどのように地域を盛り上げていくか、そしてYMGUTSをどうやって皆さんから愛されるチームにしていくか、わくわくが止まりませんね。
目指すは、「地域に愛されるチーム」「子どもの目標にされるチーム」「会社の皆さんから応援されるチーム」です!

 

*****

山口県が「ハンドボール王国」と呼ばれるようになったきっかけは、1963年に山口県で開催された第18回国民体育大会にあります。地元開催に燃える指導者達が中心となり、じっくり時間をかけて選手を育て、初優勝に導きました。その選手達が今度は指導者になり、次世代を育てていく。そんな時代の流れや地域の繋がりが今の山口県のハンドボールを作ってきました。

東さんも山口県ハンドボール界の新しい歴史を作る一人になり得るかもしれない。
そして、いつか「アマチュアスポーツと言ってごめんなさい」と謝罪する日が来るかもしれない。
これからの東さんの挑戦や山口銀行YMGUTSの活躍に注目していきたい。

 

 

●東 佑三(YMGUTS監督)
山口県周南市出身。1985年6月22日生まれ。下松工業高校、大阪体育大学卒業。2008年から2020年3月まで、日本ハンドボールリーグに所属する大崎電気工業のチーム「大崎オーソル」でゴールキーパーとして活躍。

●山口銀行 YMGUTS
山口銀行の女子社会人ハンドボールチーム。1952年結成の「徳山クラブ」女子チームの運営を引継ぎ、2018年4月から周南市を拠点に活動。

住所|山口県周南市桜馬場通1-1

HPはこちら

 

 

執筆時期:2020年9月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。