bread

アカモク食パンにアカモククリチベーグル、秋野菜のフォカッチャ、秋芳梨やオーガニックぶどうののったパン……山口県産の旬の食材を使って作られたパンは、どれも素材そのものの持ち味が引き立っていて毎日食べたくなるやさしいパンです。 

山口県宇部市のおはなきっちん 

outside

これらのパンは、山口県宇部市の「おはなきっちん」で作られているもの。パンのやさしい雰囲気そのままの店主、藤島明美さんが出迎えてくれました。 

おはなきっちんの営業日は主に木曜日と土曜日の週2回。小雨の降りしきるお天気にも関わらず、朝10時の開店と共に続々とお客さんが来られました。2020年の4月にオープンしたばかりの新しいお店ですが、すでに多くのお客さんに愛されていることが分かります。  

「まだ開店して5ヶ月足らずなので、今もどんなパンを並べるのかなど、試行錯誤中です。お客さんの出入りには波がありますが、台風の前にはパンがたくさん売れることが分かりました!(笑)」と藤島さん。 

bagle

アカモクという海藻を使ったベーグル

「オススメはアカモクのベーグルや食パンです。近年注目されている海藻で、栄養があって美味しいんですよ。まだあまり人気がないんですが……。自分が特に好きなパンとお客さんに好まれるパンは必ずしも一致しないのが難しいところだなぁと思います。味覚は人それぞれですからね」 

アカモククリチベーグルと食パンをいただいたところ、どちらもほのかに磯の香りが広がり、とっても美味しかったです。アカモクには馴染みがありましたが、パンで食べるのは初めて。こんな使い方もあるんですね! 

「元々栄養士として仕事をしていました。5年ほど前に、山口県長門市にあるアカモクを取り扱う会社に頼まれ、レシピを200くらい開発したんです。このパンに使われているアカモクも、長門のものなんですよ」 

生産者の顔が見える食材を使って 

bread

秋野菜たっぷりのフォカッチャには、里芋が皮ごとのっています! 

「これは有機栽培で野菜を作っている長尾農園さんの里芋です。一年ほど前に知り合った方なのですが、その時いただいた里芋が美味しくて。安心、安全な野菜を作っていらっしゃるので皮も丸ごと味わってほしいと思い、作りました」 

一つひとつのパンに、顔の見える生産者さんの作った食材が使われているのですね。 

ちなみに、パンに使われる強力粉はすべて山口県産せときらら。イーストは使わず、天然酵母の力のみでパンを膨らませています。卵や牛乳を使用していないため、アレルギーのある方でも安心して食べることができます。 

パンを作り始めたきっかけ  

人

パン作りを始めたのは、今から14年前に遡ります。 

「実は長男が離乳食で卵アレルギーが出てしまったんです。私がパン大好きだったので食べさせてあげたかったのですが、市販のものは安心できず、自分で作ってみようと思って。図書館で本を借り、作るうちにすっかりハマりました。始めは本当に硬いパンでしたけど(笑)」 

栄養士の資格を取るため、短大で勉強していた藤島さんでしたが、独身の頃は自分自身の食事には正直気を使っていなかったのだそう。 

「子どもが生まれて変わりましたね。アレルギーもそうですが、添加物など食の安全性についても考えるようになりました。特に小さな頃の食ってすごく大切だと思うんです。それで幼児期の食に関わる仕事ができたら、と幼稚園や保育園で栄養士として働きました」 

人

独学で始めたパン作りでしたが、家族や友人にプレゼントするうちに「作り方を教えてほしい」と言われ、自宅でパン教室や料理教室を開くように。「子どもたちが巣立ったら、第二の人生でパン屋さんができたらな」という新たな夢が生まれました。 

「ある日、兄にパンを持って行ったときに、パン作りが好きで友人に教えたり、いつかお店をやってみたいと思っていると何気なく話したんです。そしたら『やりたいのなら、今やればいいじゃん!』と言われて。それでハッとしました」 

子ども達が巣立ってからだと、もうエネルギーが残っていないかもしれない。それなら体力のある今のうちに、やりたいことをやるべきではないか。兄の言葉に、背中を押され、夫にも相談。二つ返事で賛成してくれ、着々と開店にこぎつけました。 

board

黒板には、おはなきっちんのこだわりが書かれている

「夫は電気関係の仕事で、お義父さんは大工。さらにサッシ屋さんの義兄も加わり、家族みんなにお店作りを手伝ってもらいました」  

こじんまりとした小さなお店ですが、やわらかい光が差し込み居心地の良い空間に仕上がっています。 

人

「おはなきっちんを始めた今も、一番食べてもらいたいのは子ども達」と微笑む藤島さん。将来、余裕が出てきたら季節ごとの自家製酵母を使ったパンも並べていきたいと言います。 

藤島さんの夢はまだ始まったばかり。おはなきっちんのパンを通して、さらに多くの人にやさしさを届けてくれることでしょう。 

 

 

執筆時期:2020年10月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

 

おはなきっちん 

住所|山口県宇部市浜田3-4-11 

TEL|090-6845-8373 

営業時間|10:00〜16:00(売り切れ次第終了) 

営業日|毎週木曜日と土曜日の週2回(営業日はSNSにて告知) 

Facebookはこちら

Instagramはこちら