瀬戸内海に向かって「でんっ」とそびえる、高さ40メートルの巨大な岩。 

山口県周防大島町にある「立岩」。馬頭観音が祀られ、地元では信仰の対象となっています。 

海

荘厳さの漂うこの岩のすぐ近くに、かわいいカフェがあります。「海カフェ カシェット」。地中海のまちのような白い壁と、オレンジの瓦が目印です。 

看板

巨岩をライスで表現。三日間煮込んで仕上げる「立岩カレー」。  

このお店に来たら、ぜひ頼んでみたいメニューがありました。それは、さきほどの岩をモチーフにしたという「立岩カレー」。カレー、あの巨岩がどう繋がっているのか待つこと数分。運ばれてきたものは……。 

カレー

これはもう、見事というほかありません。 

ルーは滑らかでコクがあります。食べ始めは少し甘めに感じましたが、あとから辛さが追いかけてきました。  

3日間煮込んで仕上げています。和牛の肉も入っていますが、すっかり溶け込んでいるので分からないかも」。このカレースタイル編み出し岡本睦美さんが教えてくれました  

スイーツも人気。ケーキはすべて自家製フレンチトーストは島内の製パン業者に特注したハート型のパンを使っています。 

フレンチトースト

「島でカフェを」。ずっと温めてきた夢を形に 

お店は20185月にオープンしました。 

周防大島町は、睦美さんの夫・政己さんの実家がある島。お店を始めるまで岩国市で暮らしていたお二人は、実家に帰るたびに「ちょっとお茶するところがあればいいな」と思っていたそうです。 

「いまでこそ、島内にもおしゃれなお店がたくさんできていますが、昔はほとんどなくて。いつの日か自分たちでやってみようと夢みるようになりました」(睦美さん) 

カウンター

岡本睦美さん㊨と、夫の政己さん

土地を探して島内を巡り、こに惚れ込んだとのこと。決め手となったのは、意外にも立岩ではありませんでした。 

「それは、ここからの海の眺めなんです」と政己さんは明かします。「瀬戸内海は多島美のイメージが強い。でも、ここは青い海がずっと遠くまで広がって見えます。こうした景色は、島内では珍しいんですよ」 

窓

窓辺のカウンター席からは、果てしなく広がる青い海を一望できる

開業以降、大島大橋への貨物船衝突事故による影響から1ヶ月以上お店を閉めたり、新型コロナウイルスの流行により思うように営業できなかったり……予想外の事態が続きました 

それでも、毎月のように遠くから来られる女性のグループや、お孫さんの帰省のたびに一緒にお茶にいらっしゃる地元の方など、リピートされるお客さんも増えています。有難いですね」と睦美さんは明るく話します。 

二人

夏だけじゃない。「ここからの景色は、オフシーズンこそ美しい」 

「瀬戸内のハワイ」とも呼ばれる周防大島。当然、夏は観光客で賑わいます。けれど、政己さんは「秋から冬が一番好き」といいます 

「晩秋は、立岩から朝日が昇るのが見えます。そして冬は空気も海も澄んでいて、本当に美しいんですよ 

海

テラス席からの眺め。イルカの群れや、スナメリを見かけることもあるとか 

カシェットとは、「隠れ家」を意味するフランス語。美しい瀬戸内の景色を静かに楽しみたい方にぴったりのスポットです。 

 

 

執筆時期:2020年10月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

 

住所|山口県周防大島町東安下庄立岩ヶ浜

営業|11:00~17:00 

定休|月・火曜日(祝日は営業)

TEL|0820-77-0821 

Instagramはこちら