20185月から山口県萩市地域おこし協力隊として活動する岡本智之さん。岡本さん世界各国を旅したシェフ。その経験を生かして始めた萩の各地を巡って食材を提供してもらい、集まった人とパエリャを作ってみんなで食べるパエリャ巡礼」が話題に。また2019年の萩市ビジネスコンテストでは「集落生き残りレシピ」という企画でグランプリを受賞するなど、食を通し地域こしに取り組んでいます 

二人

萩市の見島で食材を調達する岡本さん

現在萩市の明木(あぎ)地区に築100年以上の古民家をリノベーション中とのこと現場にお邪魔し、活動の思いとその原動力はどこから来るのか、お話を伺いました。 

人

写真:松田 澪衣菜

岡本さんが萩に移住するまでのことを教えてください。 

岡山でイタリアンのカフェとバルを経営していました。12年ほど前からです。店を始める前は、大学卒業後、オーストラリアで日本語教師を1年間していました。そのときに飲食業をやりたいと思うようになりアジア中心に旅をして、料理の勉強をしました。
日本へ帰国する前にインドネシアに行き、チベット、ネパール、インド、パキスタン、中国とまわり、上海から船で帰ってきたのですが、その旅の間に料理の勉強をしました。 

どうやって勉強したのですか? 

自分が食べてみて美味しいと思ったお店キッチンへ突撃して質問し、教えてもらっていました。それと貧しい地域の子供達の学校に行って、英語や日本語を教えたりもしていましたね 

帰国後はイタリアンの店で23年働き、27歳で独立しイタリアンカフェをオープンました。そのお店が流行りすぎたです。土日は朝から閉店間近まで、ずっと行列ができていました。 

順風満帆ですね! 

でも、お金が儲かったから幸せとは全然思えなくて。当時、従業員20くらい抱えており、会社のトップとして、やりたいことができなくなっていったです料理人として極めたい気持ちもまだまだありました。 

どんなことがやりたかったのですか? 

独立するときに事業計画を作っていたのですが、やりたいことが色々ありました。最終的には村をつくりたい」と書いていました。けれど従業員の生活もあるし、勝手なことはできないと思っていたところに、タイミングよくご縁があり、お店を売却することにしました323歳のときです。
当時、結婚したばかりだったのですが、それから、旅先のポルトガルで出会った料理人のツテで、妻と二人ヨーロッパやペルーへ1年間料理修行の旅に出ました。23カ月ごとに移動して、美味しいと思うレストランで働ながら旅を続けました。 

旅する人生ですね。日本へ戻るきっかけはなんだったのですか? 

妻が妊娠し、日本で出産することにしたためですその後2年ほど進むべき道を悩み続けていました。海外の店に呼ばれたりもしましたが、日本で子育てをしたい妻の意向を尊重しました。 

萩で地域おこし協力隊となった理由は? 

食材の魅力が大きいです。岡山にいる頃から、狩猟免許は持っていました。萩では海の幸、山の幸、農産物と素晴らしい素材がたくさんあります。食材だけでなく、自然、歴史、文化も含め、妻がここならいいと認めてくたのも大きかったです。 

地域おこし協力隊の活動としては、「パエリャ巡礼」が印象深いですが、どのようなものか教えてください。 

萩の各地を巡って、食材を提供してもらい、集まった人とともにパエリャを作ってみんなで食べるというものです。これまで5カ所で行いました。この活動がきっかけでパエリャの世界大会に出場するという貴重な機会をいただきました。 

集合

萩市見島でのイベントの様子

岡本さんの「パエリャ巡礼」の活動をまとめた動画はこちら↓

 ー2019年の萩市のビジネスコンテストでグランプリを受賞されました。どういったプランを発表されたのですか? 

「集落生き残りレシピ」というテーマで発表しました。飲食店を中心に、宿泊事業、物販、教室(日本語・日本料理)等の総合サービス事業を展開し、観光客誘致・移住者誘致・空き家対策・食のブランディング・食のPRへ繋げるというものです。 

萩市明木のこの物件を購入した理由は? 

一目惚れ庭やロケーションが美しく、駐車場スペースもあり、理想でした。ここは、100以上で、元は武家屋敷だったと聞いています。空き家となってはいましたがオーナーさんが換気や庭の手入れなど非常によくしていたことで、保たれていました。 

家

写真:松田 澪衣菜

リノベーションはどのように進めていますか? 

「ほぼ丸ごと家一軒リノベーション」と称し、設計図を書いてくれる方、大工さん、DIYが得意な方にお願いする部分はお願いし、イベント的に色々な人に手伝ってもらって進めています。 

リノベ

建設業経験者が手伝う様子(写真:松田 澪衣菜)

なぜ、そのようなやり方を? 

には古い空き家はたくさんあって安いけれど、直すのにお金がかかるので敬遠されています。自分でやることでこれだけコストを抑えられるよというのを提示できたらと思っています。れと、同じようにリノベーションをして空き家を活用する移住者が増えてくれたらという思いあります。 

やかん

お茶を淹れてくれる岡本さん(写真:松田 澪衣菜)

ここどんなにしたいですか?  

宿と飲食店になる予定です立ち止まって、鳥の鳴き声に耳をすませるような場所を作りたいと思っています。
飲食店の席20くらい。昼の営業中心で、夜は予約やケータリングにしようかと。地域の人が外の人と触れ合う場を作って地域の人に働いてもらって活力になって欲しいです 

どんな料理を出すのですか 

フュージョン料理になると思いますが、どんな料理にするのかというよりも自分の料理で何ができるのか?を考えているところです。
この地域の素材を使った軽食でいいかもしれませんね。かつて、デパートにユキノシタを買いに行っていたこともあるけれど、ここには軒下に生えているので、そういうものを活かしていきたいです
食育もやりたいと思っています地産地消、ファーマーズマーケットの生みの親であるアリス・ウォーターのような活動をここでもできると考えています。
そして、農家が儲かるようにしたい(この地域にとって)何がいい状態なのか?ということについて考え続け、実現していきたいです。 

地域の人には岡本さんの協力者がたくさんいますよね。地域の方々とのコミュニケーションについて教えてください。 

地域の人からは、こが多くの人が訪れるような場所になるとは、信じてもらえていないかもしれません過去にお店を成功させたという自負もあったけれど、今は、無力さを認めた上で、コミュニケーションを取っています。相手の言うことをまず受け入れて、協力に感謝して恩返うと思っています。この場の利益が地域の利益になるように
ありがたいことに、地域のための活動についてプレゼンや講師をしてほしいと呼ばれることが多いので、そういうときにビジョンを伝えています。 

最後に、ここに来る人にはどうやって過ごしてほしいですか?また岡本さん自身はどんな日々を送りたいですか? 

宿については、何もしないことを楽しんで欲しい。立ち止まってこういう楽しみ方もある提案したいですそして、何かの課題を持って帰ってもらいたい。お金をかけなくても楽しめるというような「本質的な豊かさ」を伝えることで、もっと幸せになれると思っています
自分自身については今、幸せなんですよね。現代は生きることから離れた仕事が多すぎると感じます。自然や食にかかわって生きることに日々幸せを感じています無駄なことをたくさんしてきたからシンプルに生きれるようになったのだと思います。 

岡本さんのシェフとしての熱い思いの詰まったフリーペーパー「萩 出汁の旅」も配布中現在、道の駅つつじ・あさひの支配人としても活動中で、古民家のリノベーションも完成間近とのことです。 

パンフレット

萩 出汁の旅

 

*****

【岡本智之さん】
岡山県出身。岡山県で、オーナーシェフとしてイタリアンレスカフェ、バルの2店舗を経営後、店を売却し、世界各地へ料理修行の旅に出かける。2018年より、萩市地域おこし協力隊に。2019年萩市ビジネスプランコンテストでグランプリを受賞。2020年より道の駅つつじ・あさひの支配人として活動しながら、萩市明木の古民家を購入しリノベーション中。 

Facebookアカウントはこちら

 

 

執筆時期:2020年10月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。