寒さが身にしみる季節に恋しくなる食べ物と言えば……ほかほかの肉まん!
コンビニで気軽に手に取れる出来合いのものもいいですが、せいろで蒸したての手作り肉まんは、一味違う美味しさがあります。 

2019年12月、生地から手作りにこだわった肉まんや餃子を提供する中華料理店が山口県宇部市にオープンしました。  

山口県宇部市の「explore」 

outside

飲食店やホームセンターなどが立ち並ぶ県道沿いに突如現れる「explore(エクスプローア)」は、見逃してしまいそうな控えめな佇まい。外観も店名も、なんだか中華っぽくない雰囲気ですが、どんなお店なのでしょう? 

counter

白を基調とした店内には、テーブル席の他、キッチン側と窓側にカウンター席があり、おひとり様でも気兼ねなく食事ができます。女性のお客さんでも入りやすいのがいいですね。 

exploreの一押しメニュー「生煎饅頭」 

饅頭

こちらは山口県初登場という「生煎饅頭(せいせんまんじゅう)」。レンゲに一つ取り、皮を少し破ると中から熱々のスープが溢れてきます。肉と野菜の甘みが広がって、とってもジューシー!これって、小籠包に似ていませんか? 

「そうです。メニューには『生煎饅頭』と書いているのですが、わかりやすく言うと『焼き小籠包』です。日本では蒸した小籠包が一般的ですが、私は焼き小籠包が大好きで、この美味しさを広めたい!と思って作っているんですよ」 

そう話すのは、店主の清田さん。どうりで通常の小籠包と違い、半面がカリッと仕上がっているのですね。生地の柔らかさと香ばしさ両方が味わえる新しい一品です! 

手作りへのこだわり 

麺

お次は「ジャージャン麺」。あまり辛くなく、優しい味付けでスルスルと箸が進みます。モチモチした幅広の麺にタレが絡んで美味しい!辛いものが好きな方は、一緒に出されるラージャンというオリジナル調味料を加えると、さらに美味しく食べられますよ。 

「ジャージャン麺は新鮮な方が美味しく食べていただけるので、茹でる前に一人前ずつ生地を引っ張って麺にしているんですよ。細麺で出すお店が多いのですが、私は太い方が歯ごたえがあって美味しいと思うので、太めに作っています」 

exploreがオープンして約一年。定番をアレンジしながらも流行に流されず、「自分が食べて一番美味しいと思うもの」を考え、提供しています。 

cooking

手際よく餃子を包む清田さん

手元

exploreの肉まんや餃子、ジャージャン麺などはすべて生地から手作り。メニューによって小麦粉の配分を変えているのだそう。 

「両親が昔からよく餃子を作ってくれました。旧正月には家族みんなで丸テーブルを囲んで作るんです。故郷では焼き餃子よりも水餃子をよく食べていましたね」 

そう話す清田さんは、中国の天津出身。20年前に留学生として来日しました。餃子作りはまさに母国の家族の風景なんですね。
exploreのお料理はどれもやさしい味わいで、いわゆる「中華」のイメージと違い意外だったのですが、日本人向けにアレンジされているのでしょうか。 

「多分、私が日本に住んで長いので、日本の味覚に慣れているのだと思います。本当はもう少し濃いめですね。母国で食事すると『味が濃いなぁ』と感じるので(笑)餃子は向こうでは主食なので、ご飯と一緒に食べることはないのですが、日本に来てから焼き餃子と白ご飯の相性の良さを知りました」  

季節ごとに食べたいお粥 

お粥

exploreではお粥も外せないメニューです。この日はさつまいものお粥。トッピングは血液に良い鉄分豊富なナツメと、白ごま、黒ごまです。一口食べれば、スーッと胃に染み渡るよう。なんだか体が喜んでいる!そんな感覚が湧き上がってくる滋味深い味わい。 

「お粥は季節や旬を考え素材を選んでいます。新陳代謝を促したい夏には夏野菜をメインに、秋には体に湿気がたまりやすいので、黒豆を入れたりしますね」 

体に負担がかからず、胃にもたれることがないexploreの中華。それは清田さんの健康を思う気づかいから。 

「子どもができて初めて、食事について真剣に考えるようになりましたね。どうやって健康に食べてもらえるか。肉まんや餃子など、餡には野菜をたっぷり入れているので、意外とヘルシーなんですよ。好き嫌いのある子でも、苦手なものを餃子で包めば食べてくれます」 

自宅でもexploreの味を 

瓶

店頭で提供している「ラージャン」は自宅用に購入可能です。ビタミンEが豊富なナッツ類や薬味がたっぷり入っており、通常のラー油ほど辛くなく、とてもいい風味がします。保存料や添加物を一切使っていないため、開封後は一ヶ月程度で食べきって欲しいとのこと。大きな瓶を買って帰ったので、使い切れるか心配でしたが、餃子はもちろん、麻婆豆腐や炒め物、豆乳鍋などに大活躍で、あっという間になくなってしまいました! 

メガネ

お土産用の冷凍水餃子や焼き棒餃子、生煎饅頭、チルドの肉まんも人気だそう!温め方のコツも一緒に入れてくれるので、お家でも美味しく食べられますよ。年末には遠方の方にも利用していただけるよう、地方発送できるギフトも考えています。  

「これからも“explore”の店名にあるように、一歩一歩探検、新しい道に、前に進みながらお客さんに応えていきたい」と話す清田さんの笑顔が印象的でした。  

ホッと心が落ち着く中華料理、あなたもぜひ体感してみてくださいね。 

 

 

執筆時期:2020年11月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

 

explore 

住所|山口県宇部市中野開作415-4 

TEL|080-9139-6777 

営業時間|11:00〜14:00 

定休日|土曜日 

HPはこちら 

Instagramはこちら