気軽に栄養素を摂りながら自然の甘みで心も満たされる、ドライフルーツやナッツ類。子どものおやつはもちろん、お酒のおつまみ、はたまた登山時の栄養補給に欠かせない行動食として、暮らしに役立つ食べ物です。
ただ、市販のものは塩分や糖分が多すぎたり、添加物が気になったりと、いざ買おうと思ってもどれを選べばいいか迷います。さらにパックで買うと食べきれずにいつのまにか期限が切れてしまうことも……。 

そんな悩みを一挙に解決してくれるお店が山口県内にあるとのこと! 

山口県宇部市の「量り売り専門店F」 

outside

山口県宇部市の「量り売り専門店F」。こちらは、ナッツやドライフルーツをはじめ、チョコレート、スパイス、なんとオリーブオイルまで量り売りで購入できる食品店なのです! 

stocks

様々な商品が並ぶ様子は、海外の食料品店みたい。ミックスしたものも含めると、約120種類あるという商品ラインナップ。しかもそのほとんどが有機栽培され、添加物が抑えられた食品が中心という、体にやさしいセレクトです。 

almond

お客さん自らレバーを引き、商品を取り出します。どれも20gという少量から購入可能。これなら「ちょっとだけ欲しい」というものでも無駄なく買い物ができますね。好みでオリジナルミックスナッツを作ったり、ドライフルーツやチョコを混ぜてトレイルミックスにしたり、楽しみ方は無限大!買い物にこんなワクワクするなんて、まるで大人の駄菓子屋さんです。 

人

「試してみたい商品があれば、おっしゃってくださいね」そう声をかけてくれたのは店主の藤本美砂子さん。基本的にはどの商品も試食できるのだそう。 

「最近体重が増え気味で……。でもおやつもやめられなくて」と矛盾する悩みを相談したところ、
「こちらはどうでしょう?栄養価が高く、カロリーが低いわりには甘みがあるので小腹が空いた時に少しの量で満足できると思いますよ」とナツメヤシの実である「デーツ」を教えてくれました。 

さらに、ビタミンCの働きを増強してくれるという食用ほおずきも。 

goldenberry

試食してみると、甘酸っぱくておいしい!なんだか体に良さそうな気がします。先ほどのデーツと組み合わせたらいいバランスかも。 

「フルーツはドライにすることで生食よりもビタミンCが失われてしまうのですが、ビタミンEがあるので冷え性や高血圧の方にいいんですよ」 

食品に詳しい方にアドバイスをもらいながら買い物できるのは嬉しいです。 

これまでの経験を生かして起業 

豊富な知識をもつ藤本さん。前職は養護教諭をしていたそう。 

「30年以上勤めていたのですが、定年関係なく歳をとってもずっと働きたいと思っていたんです。学校では保健指導をしていたので、起業にあたり、これまでの経験も生かせるかなと感じました」 

退職後は薬膳や食生活アドバイザーの資格も取ったそう。でも、なぜ「量り売り」というスタイルにこだわっているのでしょう? 

spice

スパイスも量り売り。魚料理や肉料理に合うものが数種類ミックスされていて使いやすい

「量り売り」にこだわる理由 

「量り売りにしたのは、フードロスを削減したかったからです。家族が多かった頃は気にならなかったのですが、子どもが独立し、夫婦二人の生活に戻ると、調味料が余るようになって。少量でも質のいいものを使えた方がいいなと感じました」  

さらに、クリスマスやお正月限定の季節商品がイベントが終わると廃棄されることにショックを受けたと言います。 

「まだ食べられるのに、もったいないですよね。私はそういう売り方はしたくないので、基本的に賞味期限の長いものを置いています。季節商品は、例えばクリスマスなら赤いくるみと緑のピスタチオでクリスマスカラーに見えるナッツを並べたりするなど、普段から販売しているものを組み合わせているんですよ」 

量り売り専門店Fの目玉商品 

人

お店で特に人気の商品がこちら。 

「100%ピーナッツのピーナッツバターです。素材そのものが味わえ、水分も入っていないので常温で3ヶ月は日持ちします」 

こちらも、もちろん量り売り。 

「プラスチック容器も用意していますが、環境に配慮して、常連さんはマイ容器を持参されますね。専用の瓶も販売しています。洗って繰り返し使っていただけますよ」 

butter

搾りたてのピーナッツバターはとってもいい香り! 

「パンに塗ったり、お菓子に使うのはもちろん、ゴマの代わりに青菜のピーナッツ和えを作られる方もいます」 

季節によってはピスタチオやカシューナッツ、アーモンドバターがお目見えすることも。
量り売りの商品は、すべてマイ容器持参で購入が可能です。 

「容器を持参される方にはエコポイントを差し上げています。少しでもプラスチックゴミの削減ができたらと思って。SDGsの目標12に『つくる責任つかう責任』というのがあります。作る側も消費する側も、持続可能な方法を考えられたらいいですね」 

ラッピングでギフトにも対応可能 

wrappongtools

「もちろん、贈り物の場合はラッピングも行なっています。お客さん自ら好きな袋やリボンを選べるセルフラッピングコーナーもありますよ」 

組み合わせの自由度が高く、商品の質もいいとあって、Fの食品を贈り物にされる方も多いのだそう! 

butter

早速、翌朝ピーナッツバターをトーストに塗って食べてみました。口に入れた瞬間、ピーナッツ本来の味わいと濃厚な風味が広がり、さらに食後も重さが残らず、とても美味しくいただくことができました。
ドライフルーツやナッツも少量ずつ、おやつにつまんでいますが、意外と腹持ちがいいので食べ過ぎを防いでくれています。 

古いようで新しい「量り売り」というシステム。それは環境にも私たちにも持続可能なライフスタイルだと感じました。
ぜひ、マイ容器持参で一度足を運んでみてくださいね。 

 

 

執筆時期:2020年11月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

 

量り売り専門店F-Food Bulk&Gift- 

住所|山口県宇部市西梶返3-11-8 

TEL|0836-43-9595 

営業時間|10:00〜18:30 

定休日|毎週火曜日、月2回水曜日(ウェブサイトと店頭で告知) 

HPはこちら 

Instagramはこちら