山口県宇部市の山間部。ハイキングの名所としても親しまれている霜降山(しもふりやま)の麓に202011月、小さなカフェがオープンしました。 

看板

外観

木の温もりを感じられる店内は、ヒュッテ(山小屋)のような落ち着いた空間になっています。 

内観

「もともと、ここには主人の実家が建っていたんです。築200年くらいの古民家でした」と話すのは、オーナーの山田まどかさん。 

木々に囲まれ、野鳥もたくさん訪れる気持ちのいい場所だったため、「当初は、そのまま古民家カフェを開くつもりだったんです」。しかし、あまりに老朽化していたため断念。カフェを新築しました。 

カウンター

山田まどかさん

甘いのに、スパイシー 

食事メニューの中から、カレーを注文してみました 

食べ初めは、フルーツのような甘みが口の中に拡がっていきました。ところがだんだんと、隠れていた辛さが顔を出してきます。食べ終わるころには、少し口の中がピリピリするほどスパイシーに 

カレー

「バナナやフルーツチャツネ(インドの調味料)のほか、ガラムマサラ、シナモン、味噌などを煮詰めた特製ルーです。クセになるらしく、お客さんに好評ですね」(山田さん) 

このほか、「ロコモコ丼」「カレーロコモコ丼」なども。お米はいずれも近所で栽培された無農薬米が中心。サラダなども、ほぼ無農薬の自家栽培野菜を使っています 

手作りスイーツは、男性にも好評 

スイーツは、同じ地域に住む女性による手作り。旬の果物などを使った数種類を、ワンプレートして提供しています。取材に伺った日は、柿のプリン、ヨーグルトケーキ、コーヒーシフォンの3種盛りでした。 

スイーツ

いずれも甘さが控え目で、あっさりした食後感。「男性にも人気」というのも納得です。 

カウンター席の窓から見えるお庭の景色も、魅力のひとつ。現在、イングリッシュガーデン風に造園中で、奥には芝生広場がお目見えする予定。庭造りが本業の夫・宣彦さんの手で、少しずつ理想の形に近づいています 

窓

地域のために「カフェで貢献を」 

長年、この地域の学童保育に携わってきた山田さんは、子どもが減り人口も少なくなっていく現状に胸を痛め、「何かできることをしたい」と思うように。 

2014年に地域コミュニティカフェの開業を目的とした会社「厚東の杜」を立ち上げ、起業塾などでビジネスの勉強を重ねました。 

市内の企業や学校などへ手作り弁当配達する傍らカフェ開業に向けて準備本格化。山口市や下関市などにある飲食店などで延べ2年間、調理や衛生管理面などの修業も積んできました。 

新しい繋がりが生まれる場所に 

わざわざ探して来ないとまず分からない隠れ家的な立地。それにも関わらず、開業前から「いつオープンするの?」と何度も尋ねられたそうです。 

ロゴ

地元の方も、遠くからの方も、気軽に訪れることができて、新しい繋がりが生まれるようなお店にしていきたい。家族がずっとお世話になってきたこの地域への、ささやかな恩返しになれば嬉しいです。山田さんは、そう話しています。 

 

 

執筆時期:2020年11月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

 

住所|山口県宇部市末信519番地 

営業|11:00~17:00 

定休|火曜 

HPはこちら