下関で40年以上にわたり子どもから大人まで魅了し続ける児童書専門店「こどもの広場」。素敵な絵本と出会ってほしい」と活動を続ける、創業者代表取締役の横山眞佐子さんにお話を伺いました。 

靴を脱いで、ゆっくりと 

建物

下関市役所から歩いて10ほど青い屋根と白い柱が目を引「こどもの広場」は、靴を脱いでから店内へ入ります 

カーテン

最初はもちろん土足で設計ていました。ですが、オープン初日に来られたお母さんが抱っこしていた赤ちゃんを床にサッとおろされたんです。赤ちゃんがハイハイした瞬間に『あっ、靴を脱ぐことにしようって決めましたと横山さん。 

本屋

扉を開けるとにも壁にも本がぎっしりカラフルな絵本や図鑑、育児本など7,000冊以上が並びます 

子供

また、随所にぬいぐるみや木のおもちゃ置かれ明るく広々とした空間
子どもも大人も、ゆっくりと絵本を選ぶ時間楽しんでほしいですね 

学校へ本をお届け 

横山さんの活動は、お店の中だけにとどまりません。
その1つが「選書会」。山口県内の小中学校へ、新刊500〜600冊を携え出向き、図書室に置く本を生徒みずから選んでもらうのです 

講演会

「1年間に3,000冊ほどの児童書が出版されています。スタッフと一緒にそれらを読み、いいな、と厳選した本を学校へ持っていくんです。本の内容やあらすじを一部紹介し、表紙を見せて並べます。子どももそして先生も、真剣に選び、これだ!という1冊に出会える。そのキラキラ輝く目や夢中になっている姿を見られることが本当に嬉しいです 

作家の講演会や読み聞かせも 

パネル

あべ弘士さん作の『ダンボールのまさこ人形』

角野栄子さん。あべ弘士さん。長谷川義史さん。とよたかずひこさん…
多くの作家と交流を重ねてきた横山さんは、講演会やイベントも多数企画してきました。 

子供

また、毎週金曜日には0歳から楽しめるヨムヨム広場を店内で開催朗読活動など50年以上続ける「あかね会」下関市による読み聞かせやわらべ歌などが楽しめます 

プロが選んだ本をプレゼント 

人

昨春新たに始めた事業、お客さんの要望を聞いて絵本を選び届ける「セレクト便」。 

横山さんは「なかなか外へ出られない。会いたい人に会えない。そんな状況の中で、本のプレゼントを考えました」と話します選書のプロであるスタッフ3名とともに、一人ひとりの想いや要望を聞いてぴったりの本をります 

袋

本屋について商売についても知識も経験もなく、子どもの本の世界って面白そう』とわずか5坪の敷地から始めた本屋さん。多くの人に支えられ、今では30坪に広がりましたこれからも、嬉しい時、楽しい時、悲しい時、悩んだ時その時その時の気持ちに寄り添える本を届けていきたいですね」 

子どもの頃大好きだった絵本を探しに、プレゼントを選びにそしてふらっと遊びに。本との出会いがいっぱい詰まった「広場」に、ぜひ足を運んでみませんか。 

 

 

執筆時期:2021年1月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

 

住所|山口県下関市幸町7−13 

Tel|083-232-7956 

営業時間|9:30〜18:00 

定休日|月曜日 

HPはこちら