その優しさとおいしさに、度々訪れたくなる「おはぎカフェ」|かまたの恵