自分が納得のいく「アート」を。伝統と革新の中でもがき続け、国内外で活躍|書道家 万美さん