share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2018/08/06 【北九州】北九州

【お出かけナビ 2018年夏】猛暑はひ〜んやり平尾台♪

by 編集部:ちゃちゃ
福岡県北九州市生まれ。 普段はごろごろ大好きインドア派。 美味しそうなもの、綺麗なお花、のんびりできそうな温泉、その他わくわくしそうなことを見つけると急遽アクテ…

このライターの記事を読む

地元民によるプロデュース in 北九州市

旅行したい、他県に遊びに行きたい、そう思った時、旅行の雑誌やネットで色々な情報を調べますよね。そんなとき、地元民お勧めの場所に行きたいなと思ったことはありませんか。

雑誌に載っている場所は人が多かったり、ネットの情報は正確な情報ではなかったり、そんなことを感じている方向けに、生まれも育ちも北九州市の私が、北九州市での遊び方をゆるーくご紹介したいと思います。

今日のテーマは『自然』、自然を満喫したい人、わくわくしたい人、ちょっとお疲れ気味の人、今回はそんな人へちょっとしたお出かけをプロデュースします。

 

自然を感じる

自然を肌で感じたくなるとき、そんなときありませんか。
今回やってきたのは、北九州市で広大な自然を感じられる場所、そう、平尾台です。

みてください、この広大なカルスト台地。
どこまで続いているのかわからないほど緑いっぱいです。


ここ平尾台では、春は山菜を見つけ、夏はドライブで風を感じる、といったように春夏秋冬それぞれ季節ごとの楽しみがあります。


また、平尾台の中にある平尾台自然の郷では、陶芸やそば打ち、木工など、いろいろな体験ができるようです。キャンプ場があったり、草ソリ場があったりと、自然を感じつつ、楽しめる場所となっています。

 

次はアクティブ系

さて次は、ちょっとアクティブに!冒険家気分を味わいにいきましょう。


ここは平尾台の中にある千仏鍾乳洞です。


洞窟探検のように、幅の狭い道をすり抜けて進んでいきます。鑑賞する鍾乳洞というより、体験する鍾乳洞という言葉がぴったりかもしれません。お子さんはスイスイ進めますが、大人の方は体を折り曲げながらではないと進めませんよ。


また、鍾乳洞には行ったことがある方でも、通路に水が流れている鍾乳洞には行ったことがない方も多いのではないかと思います。ここ千仏鍾乳洞は、途中から水に浸からなければ進めないのです。サンダルの貸出は無料です。


気になるところ、その水はどれだけ冷たいのかですが、それは行ってからのお楽しみです。途中でやめたくなっても慣れてくるので、迷わず進んでくださいね。
流れる水は奥に行けば行くほど綺麗に澄んできますし、どんどん道幅が狭くなり、本当に洞窟探検をしている気分を味わえると思います。



長い年月をかけ形成された鍾乳洞、スケールの大きさに圧倒されるものがあります。
造形の美しさや、澄んだ水の流れを感じながら、自然が作り出した空間を体験してみてはいかがですか。

 

最後は夜

平尾台は、日中だけではなく、夜も楽しめます。広大な自然の中での星空観察に最適です。市街地からほどよく離れているので、たくさんの星を眺めることができます。

夜空を見上げて星の観察、小学生の夏休みの宿題を思い出します。
「流れ星を見つけてお願いごと」、そんなにロマンチックな小学生ではなかったけれど、今日はロマンチックに星を見て自然満喫を締めくくるとします。


星を眺めながら少しだけ考えごと。
星の観察で有名なオリオン座の1つは、地球からの距離が約500光年。
この星から放たれ、現在私たちに届いている光は、500年前の光となるわけですね。
日本でいうと1518年の戦国時代の光。その時の光を今私たちは見ているんですね。

なんとも神秘的。そして宇宙の限りない広さを感じます。


ちなみに星空観察であれば、おすすめは、8月12、13、14日頃です。
ペルセウス座流星群がやってくるので、運がよければ流れ星をみることができると思います。

みなさんも自然を満喫しに、平尾台へお出かけしてみてはいかがですか。


執筆:2018年7月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

取材・文:編集部:ちゃちゃ
このライターの他の記事を読む

Spot Information

千仏鍾乳洞

住所 福岡県北九州市小倉南区平尾台3丁目2番1号
TEL 093-451-0368

Google Mapで開く

 

Ranking