share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2019/01/18 【山口】下関

冬のおでかけは一の俣温泉へ〜とろっとろのお湯で美肌に〜

吐く息が白くなると、一気に冬の訪れを感じます。
冬のおでかけといえば、みなさんはどこを思い浮かべますか。

私はやっぱり温泉です。


「毎日温泉に入りたい、源泉かけ流しのある家に住みたい」というくらい大の温泉好き。そんな私がおすすめする温泉が下関市の北部山深い場所にあります。それが今回ご紹介する一の俣温泉です。「『おんせん県』大分」はもちろん有名ですが、大分県とは泉質が異なるいい温泉が山口県にもあるんです。

一の俣温泉を一言で表すと「とろとろの温泉」です。


お湯を手のひらですくってみると、温泉の滑らかさがよくわかります。

温泉の泉質は、酸性やアルカリ性などさまざまな種類があり、一の俣温泉はアルカリ性温泉に分類されます。pH(ペーハー )7.5~8.5程度である一般的なアルカリ性温泉に比べ、pH10を誇る一の俣温泉は、皮膚の余分な角質を落とすため美肌効果が高く、「美人の湯」と呼ばれています。温泉からあがった後、すべすべになったお肌に驚くはずですよ!

また、一の俣温泉のもう一つのおすすめポイントは、大自然の中にあること。気がつくと隣にお猿さんが入っていた!と言ってもいいくらい、大自然の広がる山の中に位置しているんです。


一の俣温泉には、観光ホテルとグランドホテルの2つがありますが、こちらは観光ホテルの露天風呂。四季折々の山の風景を見ながら、開放的な空間で温泉を楽しめます。


そしてグランドホテルの露天風呂がこちら。打たせ湯はパワフルで肩こりに効きます。


日帰り温泉も良いですが、お泊まりの夜の温泉もおすすめです。きれいな星空を眺めながら、とろとろの温泉に浸かる。想像しただけでリフレッシュできそうですね。

泉質は同じなので、好きな温泉施設を訪れてみてくださいね。

また、宿泊するのであれば食事も楽しみのひとつ。
下関ならではのふぐ刺しなど、その土地でとれた食材を味わえます。


みなさんも日頃の疲れを癒しに一の俣温泉に行かれてみませんか。

冬の冷えきった体を心とともに温めてくれる場所です。

●一の俣温泉観光ホテル
住所:下関市豊田町一の俣
電話番号:083-768-0111

●一の俣温泉グランドホテル
住所:下関市豊田町一の俣
電話番号:083-768-0321
 

取材時期:2018年12月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

Spot Information

一の俣温泉

住所 山口県下関市豊田町一の俣1711

Google Mapで開く

 

Ranking