share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2019/01/13 【山口】周防大島

周防大島の上質なリゾートで満喫する、ここにしかない時間

by 武井 奈々
大阪生まれ大阪育ち。瀬戸内海の穏やかで豊かな暮らしに惹かれ、2017年山口県周防大島へ移り住みました。海の向こうに四国の山並みを眺めながら、島暮らしを満喫中。島…

このライターの記事を読む

■瀬戸内のハワイと呼ばれる、周防大島へ

山口県の東部に位置する周防大島町。瀬戸内海に浮かぶ温暖な気候の島です。昔から夏には海水浴、秋には島の特産品であるみかん狩りで有名な観光地ですが、近年は、オシャレな飲食店や宿泊施設などのオープンが相次ぎ、年中楽しめる場所として、さらに注目度が高まっています。

そんな周防大島に、今から13年前の2005年にオープンしたのがCafé Misaki。今でこそ、周防大島でカフェというのは珍しくない存在ですが、当時はこの田舎に、一体何ができるのか、と地元の方は驚いたのだそう。海を見下ろす高台に立つ、シックな建物です。

坂を登ると、背景には穏やかな海。まるでアートギャラリーの入口のような、シンプルなエントランスを抜け、奥へと続く石段を進みます。

店内は白を基調とした、落ち着いた空間。ガラス張りの一面からは光が差し込み、窓を開けると心地よい風が吹き抜けます。何か特別なものがある訳ではない、ただ、ゆったりとした時が過ぎていきます。日常の色々なことを忘れて、今に没頭できる、贅沢なひととき。



■Café Misakiでいただくカレーランチ

そんなCafé Misakiでおすすめのメニューがカレー。シーフードカレーや和牛カレー、チキンカレーなど10種類以上の中から選べるカレーはどれも手作り。器の蓋を開けると、湯気とともにスパイスの食欲をそそる香りが鼻をくすぐります。

周防大島で獲れた、プリップリの地ダコが入った『シーフード海カレー』は、噛むほどにタコの濃厚な旨みがあふれ、さっぱりとした爽やかな辛さのカレーと相性抜群の一品。

食後にコーヒーを飲みながら、パンケーキはいかがでしょう。鮮やかなベリーがのったものや、チョコバナナ、キャラメルソースなどバリエーションは豊富ですが、せっかく周防大島に来たのなら、こんなシンプルなパンケーキを味わってほしい。『島のはちみつとバターのパンケーキ』は、周防大島で養蜂を営む養蜂家さんの採るはちみつをたっぷりかけて。まるで周防大島の豊かな自然がぎゅっと詰まったような、濃く優しい味わいです。



■Café Misakiという大人のリゾート

国内や海外、あちこちを旅行し、ここに『日本的なリゾート』を作りたいと決心した、オーナーの浜村さん。Café Misakiは、浜村さんのこれまでの経験から生み出された、どこにもない、オリジナルのカフェです。トーンや配色など一つひとつの細部に至るまでこだわり抜き、自分たちで探して来たという家具や観葉植物たち。ちょうど良い距離感で接してくれる、スタッフの方々の丁寧なおもてなし。すべてがこの空間と調和し、上質なCafé Misakiというリゾートを形作っています。



■周防大島のカフェのパイオニアとして

まだ”地域おこし”や”移住”などのキーワードがない頃に、周防大島に人の流れを生み出し、その後の島の発展を後押しした、先駆者的存在でもあるCafé Misaki。海水浴やみかん狩りだけではない、周防大島の新たな過ごし方を提案することで、今や観光客はもちろん、地元の方からも愛される場所となりました。ここに来ると、いつでも時を忘れ、島のゆったりとした空気に身をおくことが出来ます。

まずはここから、周防大島ドライブを楽しんでみてはいかがでしょう。


取材時期:2018年11月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

取材・文:武井 奈々
このライターの他の記事を読む

Spot Information

Café Misaki

住所 山口県大島郡周防大島町久賀469-7シーウインドリゾート久賀
TEL 0820-72-1795
営業時間 平日11:00〜17:00(16:30L.O)、土日祝11:00〜17:30(17:00L.O) 駐車場有り
定休日 月・火曜日(祝日の場合は営業)
URL http://cafemisaki.com

Google Mapで開く

 

Ranking