ひと

share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2019/01/20 【山口】周防大島

特別な日だけじゃない、何気ない日常を彩ってくれる周防大島のバラ|大内バラ園

by 武井 奈々
大阪生まれ大阪育ち。瀬戸内海の穏やかで豊かな暮らしに惹かれ、2017年山口県周防大島へ移り住みました。海の向こうに四国の山並みを眺めながら、島暮らしを満喫中。島…

このライターの記事を読む

突然ですが、山口県周防大島というと、どんなイメージがありますか。みかん、新鮮な魚介類、綺麗な海……。温暖で自然豊かな島という印象を持っている方が多いと思います。

そんな周防大島で、実は35年以上も栽培されている意外なものがあります。それがこちら!

大内バラ園のバラです。「ここのバラは持ちがいい」と島内でも人気のバラ。私もいただくことがあるのですが、生けてから大抵2週間くらいは美しい花を楽しむことができます。



■周防大島の『大内バラ園』

大内バラ園のある周防大島の南側、海に面する出井(いずい)地区にやってきました!昔から、豊かな地下水に恵まれた地域で、『出井』という地名にもそのことが表れています。大内バラ園のバラが長持ちする理由は、生産者から消費者への距離が近いのももちろんですが、この自然のミネラルを豊富に含んだ地下水で栽培されていることが大きく影響しているのではないかと言われています。

海沿いの通りから一本入ると、稲刈りを終えた田んぼに囲まれて、大内バラ園のビニールハウスがありました。大内バラ園は観光農園ではないので、普段一般の方が立ち入ることはできませんが、今回は特別に中へ入らせていただきます!



■大内バラ園の若き後継者

案内してくれたのは、大内バラ園の大内清香さんです。東京から5年前にUターンし、農園主であるご両親にバラ栽培の手ほどきを受けながら、自身も栽培と販売に携わっています。主に春と秋がシーズンとなるバラは、取材時の12月には木を休める休眠期に入っていましたが、清香さんのオススメだというバラを見ることができました。

こちらは『カルピデューム』。ラテン語で「今この瞬間を生きる」という意味なのだそう。

花が開くと、こんな感じ。黄色からオレンジ色のグラデーションが美しく、フリルのような花びらが特徴のバラです。

「これまで栽培していたものは、オーソドックスな品種が多かったのですが、カルピデュームは花びらが変わっていて、その華やかさがとても美しいバラです。名前の意味も素敵で、私が一番好きなバラです」と清香さん。



 ■食用バラ専用のビニールハウス

清香さんが一人で管理しているというビニールハウスも見せていただきました。

「ここでは、食用のバラを育てています」。清香さんは農薬を一切使わずに、食用に適したバラの栽培にも力を入れています。『食用に適した』というのは、①花びらの枚数が多い②香りが強い③色が濃いという、主に3つの条件で選んでいるのだそう。

芳醇な香りをもつバラとして名高い『ダマスクローズ』もその一つ。このバラを使ったシャーベットは、鮮やかなピンク色で、島内のレストラン『サルワーレ』で、ディナーコースのデザートとして提供されることも。驚くほど香り高く、バラの風味が口の中いっぱいに広がり、一度食べたら忘れられない味。バラを食すなんて、なんだか特別で贅沢な気分になりますね。

他にも、島内の加工所『工房ろくじ』と製造したバラジャムに清香さんのバラが使われています。季節により花びらの状態や花の本数が変わり、また品種によって色や香りも違ってくるバラを使うので、製造過程での絶妙な調整が欠かせないのだそう。

「これからも観賞用だけではなく、食用バラを活用することで多くの女性の方に喜んでもらったり、地域のお店と連携して周防大島全体を盛り上げていきたい」と語る清香さん。清香さんが島へ戻って5年たった今、その思いが島中に広がりつつあります。


最後に、今後の目標について教えてくれました。

「女性が農業を営むのは、体力的に限度があります。今後はスマート農業※を取り入れ、女性の力でも農業ができるというモデルになれたら」。

会社員時代はシステムエンジニアとして活躍していた清香さん。これまでの知識と経験を農業分野に生かし、大内バラ園の未来へと繋げていきます。


周防大島の豊かな自然に囲まれた環境で育つ、丈夫で長持ちのバラ。特別な機会だけでなく、日常を彩るアクセントとしてぜひ飾ってみてください。島内では道の駅サザンセト東和で購入できるので、粋な周防大島土産としてもオススメですよ♪

※スマート農業…ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業のこと(農林水産省ホームページより)


〈店舗情報〉
大内バラ園
住所 : 山口県大島郡周防大島町出井(※バラ園の見学は不可)
バラの販売場所:道の駅サザンセトとうわ(周防大島町)、里の厨(光市)、JA周南直売所 菜さい来んさい(周南市)、その他、周防大島近辺のイベントへ不定期出店あり
TEL & FAX:0820-76-0777(受付9:00〜18:00)
URL : https://o7u7c2h2i2baraen.jimdo.com/ (FAXの申込用紙がダウンロード可能)
※電話かFAXでバラの注文ができます


取材時期:2018年11月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
 

取材・文:武井 奈々
このライターの他の記事を読む

Spot Information

大内バラ園

住所 山口県大島郡周防大島町出井
TEL 0820-76-0777
URL https://o7u7c2h2i2baraen.jimdo.com/

Google Mapで開く

 

Ranking