イベント

share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2019/01/30 【山口】周防大島

一日に30,000個の餅が空を舞う〜日本一餅をまく島の最大イベント|周防大島まるかじり紅白餅合戦

by 藤本 雅文
東京都出身。広告制作会社と編集プロダクション勤務ののち、4年前に山口県・周防大島へ移住。現在、フリーの編集者・ライターとして、広告や出版物などの企画・編集・執筆…

このライターの記事を読む

周防大島に移住して、もうすぐ4年。島のほぼすべてのお祭りやイベントに参加しましたが、中でも、私がもっとも衝撃を受けた島の恒例行事を今回ご紹介します。その名も「周防大島まるかじり紅白餅合戦(以下、紅白餅合戦)」。例年2万個もの餅が空を舞う、島最大の新春餅まき大会です。



復興祈願!3万個の餅が空を舞った日

周防大島では嬉しいこと、おめでたいことがあると餅をまきます。家を新築した時、お寺や神社の例祭などなど、一年中いろんな場所で、餅が空を飛び交っています。

風習とは言え、万を超える餅がまかれるのは、年に一度!「紅白餅合戦」だけ。2019年は復興※の願いを込めて、1万個の餅が増量され、3万個の餅がばら撒かれました。

※2018年10月に起きた大島大橋への外国船衝突事故により、周防大島は断水と橋の通行止めを含む通行規制などが40日間続いた。物流は混乱し、島の基幹産業であるみかんや鮮魚の輸送が滞り、観光客は激減。断水の影響でホテルや飲食店の多くは休業を余儀なくされた。一般生活では給水所からの水の運搬で骨折する高齢者が続出した。



日本一餅をまく島の「紅白餅合戦」

2019年1月20日、紅白餅合戦当日。今年で3度目の参戦となるわが家は、餅を入れる大きな袋持参で、会場へと向かいます。

会場に着くと、すでに神事の真っ最中。3万個の餅を前に、島の復興と今後の発展が祈念されます。

餅まきは11時スタート。

開始15分前ぐらいから、場所取りのためにやぐらに人が集まりはじめます。この段階では、みんなのんびりしています。息子(3歳)も隣のおばあちゃんに話しかけたり、まだワクワクといった感じで余裕があります。

いよいよ、餅まきスタートです!

開始の合図とともに、場がとたんに殺気立ちます。お祭り騒ぎとはまさにこのこと。無数の手が空へと伸びます。

やぐらの周りはこんな感じ。この中のどこかに妻子がいるはずなんですが、もはや健闘を祈ることしかできません。

今年のやぐらは2基。紅白(手前は女性、奥は男性)で分かれます。男性の方が激しいのではと思うでしょうが、私が見た限り、ぜんぜんそんなことはありませんでした!

安全圏から写していては迫力が伝わりません。男性やぐらに移動して、カメラを懐に抱え、ググッと中へ。

これが精一杯!もみくちゃ。写真を撮るどころではなく、すぐさま撤退します。

餅が空中キャッチされることは少なく、たいていは地面に落ちます。それをよく知る島のおばあちゃんは、空中戦を捨てて、静かにその瞬間を待ちます。餅が地面に触れるやいやな、サパっと俊敏な動きで餅をゲットしていきます。

そんなこんなで、1回目の餅まきが終了。それまでの熱狂が嘘のように、やぐらからサーっと人がいなくなります。

妻に聞くと、1回目の戦果は3個。息子はさっそく大人の洗礼を受けた模様で一つも取れず。こうやって島の子はたくましく育つのです。



「お年玉餅」でガラポンくじに挑戦

友人を見つけ声をかけると、金のシール付き「お年玉餅」をゲットしたとのこと。そう、餅まきが終わってみんなが真っ先に向かう場所、それが抽選会場です。

金のシールが付いた餅一個につき、ガラポンくじを一回まわせます。

ホテル無料宿泊券や液晶テレビをはじめとする豪華景品から、島の特産品セットや無料入浴券までさまざま。かなりの確率で当たるため、みんな必死で「お年玉餅」を狙います。

抽選会場周辺には島の特産品や島飯ブースが所せましと並び、ここで腹を満たしたり、買い物を楽しんだりできます。子どもが遊べるスペース「こども体育館」もあり、次の餅まきタイムがあっという間に訪れます。



島の名物「みかん鍋」の無料振る舞い

1時間ごとの全4回。すべての餅まきが終わると、お待ちかねの無料振る舞いです。周防大島の名物鍋と言えば、これ!

「みかん鍋」です。ぐつぐつぐつぐつ……大きな鍋に600人前が煮立ちます。そこに皮付きみかんが丸ごと放り込まれます。

このみかんは、JA山口大島提供のみかん鍋専用みかん。専門家のチェックを受け、皮ごと食べても安全で美味しいものだけを厳選したもの。一つ一つ手作業で焼き付けられる「鍋奉行御用達」の印がその証です。

 最後に、みかん鍋をいただきながら、袋の中のお餅をカウント。この日、わが家(妻と息子の二人)の戦果は30個でした。

これが多いのか少ないのかの評価は、餅合戦に参加したことがあるかどうかで分かれるかもしれません。ぜひ一度、お試しください。何より島のおばあちゃんを見る目が変わりますよ。


(基本情報)
周防大島まるかじり紅白餅合戦
開催時期/1月中旬の日曜日
会場/山口県大島郡周防大島町土居1325 日良居庁舎グラウンド
 

取材時期:2019年1月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。


 

取材・文:藤本 雅文
このライターの他の記事を読む

Spot Information

周防大島町日良居庁舎

住所 山口県大島郡周防大島町土居1325 日良居庁舎グラウンド

Google Mapで開く

 

Ranking