グルメ

share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2019/03/27 【山口】柳井

ネバネバの自然薯がサクサクのふりかけに。独特な匂いや食感の健康食材を食べやすくする「こんにゃく技術」とは?|自然薯あられふりかけ[PR]

by 藤本 雅文
東京都出身。広告制作会社と編集プロダクション勤務ののち、3年前に山口県・周防大島へ移住。現在、フリーの編集者・ライターとして、広告や出版物などの企画・編集・執筆…

このライターの記事を読む

自然薯(じねんじょ)がふりかけになりました。

あまりにもあっさりと書き出してしまいました。
もう一度、仕切り直して……あの高級健康食材として人気の自然薯がふりかけになったんです!

【日本で古くから滋養強壮食として珍重されてきた山菜の王者・自然薯】

栄養価の高さが明るみになるにつれ、世間の注目を集め、今では栽培が間に合わないほどブームになっている自然薯。今回ご紹介する、やまぐち三ツ星セレクション「自然薯あられふりかけ」は、原材料の約50%、半分が自然薯フレークという贅沢なふりかけです。いったいどんなふりかけなのか?さっそく、実食してみましょう。



自然薯栽培発祥の地・柳井(やない)

その前に、自然薯と私の関係を少し……
一般になかなか目にしない食材だと思いますが、自然薯栽培発祥の地・山口県柳井市で仕事をしていると、そこそこ身近な存在です。
来客があったときに自然薯を提供するお店でランチしたり、贈答用として包んだり、はたまた友人が自然薯を栽培していたり……日々の暮らしの中に、ふつうに自然薯が存在します。


とは言っても、高価なことに間違いはなく、そうそう食べられるわけではありません。そんな自然薯が手軽に、ごはんにふりかけて食べられる日が来るなんて!ということで、待ちに待った実食です 。

「自然薯あられふりかけ」は、おかか味・梅じそ味・わさび味の三種類。初めてなので、定番のおかかをと思いましたが、なんとなくそそられたわさび味をチョイス。


炊きたての白米にふりかけて、ひと口。
予想を裏切り、サックサク!白ごまもたっぷり入っていて、香ばしいったらありません。わさびは控えめでツーンとくることもなく、優しい味。4歳になったばかりの息子もパクパク平らげていきます。

あっという間に完食。うまい!
てっきりネバネバしていると思っていたので、食べ方を間違ったのだろうか?とラベルを見るも、それらしき記述ナシ。これは直接、作った人に聞いてみるしかありません。



はじめサクサク、じわじわモッチリ

「はじめはサクサクで、じわじわとモッチリとした食感になっていくんですが、それまでに食べちゃいますよね。私もいつもそうです(笑)」と話すのは、『自然薯あられふりかけ』生みの親である原田浩治さん。

「じつはよりサクサク感を出すために、独自開発した自然薯あられを、さらに焙煎しています。手作業で行う地道な作業なんですが、この一手間があるかどうかでひと味もふた味も違ってきます。」

【あられ全体にまんべんなく火を通すため、少量ずつゆっくり焙煎していく。きつね色になったら完成だ】

香ばしい匂いが立ち込める加工場の隣には、見慣れない機械が並びます。驚くことにすべて原田さんが設計したものだとか。

「世の中にない商品開発をしているので、既存の製造機器では対応できないことの方が多くなってきます。新しい商品を作るたびに自作しています。」



「こんにゃく技術」が自然薯加工を可能に

原田さんが代表をつとめるエムテックスは、「こんにゃく進化論」を掲げる会社です。エムテックスのMは、こんにゃくの主成分・マンナンのM。テックスは技術のこと。つまり、「こんにゃく技術」によって商品開発を行う専門メーカーです。

その技術力は海外でも評価が高く、約10年前に開発した「こんにゃく麺」は、アメリカ・中国・シンガポール・台湾などに輸出されています。

「低糖質・低カロリーなこんにゃくは、健康ダイエット食品として何度も注目されるものの、長年、海外では普及しなかったんです。原因は、独特の匂いと食感です。こんにゃくは日本の伝統食で、海外ではそもそも食べる習慣がありません。日本国内でも匂いが苦手という人が多かったので、独自にこんにゃく麺製造機を開発していたんです。それが海外企業の目に止まり、アメリカには製造機を輸出しています。」(原田さん)

【こんにゃく麺製造機】

美味しいこんにゃくを提供したい。その思いで研究開発した製造機が世界で使われる。そんな未来は原田さんも想像していなかった。それは自然薯にしても同じだったと言います。
「自然薯の規格外品や、出荷できない端ものを有効活用できないかと相談され、こんにゃく麺の製造機でテストしてみたら、そのまま転用が可能でした。同じような粘り気の多い根菜なので、私たちの技術と相性が良かったんです。」


自然薯を使った共同開発は進み、「自然薯らーめん」「自然薯だんご汁」「自然薯チップ」と立て続けに商品化。そして、3年前に「自然薯ふりかけ」が誕生しました。

「不可能と言われていた自然薯栽培を、柳井の政田敏雄さんという方が40年以上の歳月を費やし、可能にしました。同じ柳井の、ものづくりを志すものとして、自然薯を使った商品開発にこれからも挑戦していきたい。山菜の王者と言われる自然薯の素晴らしさを広めていけたらと思っています。」

この記事が出る頃には、自然薯“生”ふりかけも一般売りされているはず。試食させていただきましたが、それはもう美味でした!あわせてお楽しみください。

 

■やまぐち三ツ星セレクション

地域商社やまぐちのオリジナルブランドで、新鮮な海の幸や山の幸、山口の伝統や歴史から生まれた山口を感じる逸品です。「やまぐち三ツ星セレクション自然薯あられふりかけ」は地域商社やまぐちウェブストアで販売中。

 

〈購入先〉
地域商社やまぐち公式サイト
http://www.ym-tc.co.jp/
ご購入はこちら↓
http://www.ymtc-websore.jp/
電話:0120-414-716

〈製造元〉
エムテックス有限会社
住所/山口県柳井市新市2-32
TEL/0820-22-0654
URL/http://www.m-tex.co.jp


取材時期:2019年3月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

取材・文:藤本 雅文
このライターの他の記事を読む

Spot Information

エムテックス

住所 山口県柳井市新市2丁目32
TEL 0820-22-0654
URL http://www.m-tex.co.jp

Google Mapで開く

 

Ranking