ライフスタイル

share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2019/06/12 【北九州】北九州

子どももおしゃれに!メガネで広がる笑顔の世界|こどものめがね nalco

by 増野 綾希子
長崎県生まれ。転勤族で幼少期よりあちこちを転々としたほか、進学・就職にも伴い、北海道、東京、千葉、大阪、奈良、広島、福岡、長崎で暮らした経験を持つ。通信社の記者…

このライターの記事を読む

色とりどりのメガネがずらりと並ぶ「こどものめがねnalco」。よく見ると、どれも一般的なものに比べてひとまわり小ぶりなサイズです。ここは子ども用のメガネ専門店。「子どももメガネを楽しく選んで、楽しくかけてほしい」と2017年11月、オーナーの鳴山和博さんが開業しました。



メガネ選びに寄り添いたい

きっかけは、自身のお子さんが3歳児健診で遠視・近視・乱視の左右差が強いために生じる「不同視弱視」と診断されたことでした。

「ショックでした」。当時を振り返ります。

鳴山さんは20代の時にメガネチェーン店で働いていましたが、子どものメガネを扱う販売店はそれほど多くはなく、また販売していても大人に比べると本数は少ないのが実情だそう。

「子どもはまずメガネをかけることを嫌がります。ですが、治療に必要なので、親としてはかけさせることに必死。たどり着いたのが、子どもが本当に好きなデザインと色のメガネでした」

文字通り、全国各地を探し回り、2ヶ月ほどかかって出会えたメガネ。

「同じように悩んでいる子どもや親御さんに寄り添いたい」とオープンに至りました。



100本の品ぞろえ

店内に陳列されたメガネは約100本。「軽くて割れにくい」といった機能性・安全性の高いブランドを厳選して仕入れているそう。

フレームとつるのデザインや色を自由に組み合わせて作る自分だけのオリジナルメガネのほか、「お父さんやお母さんがかけているのと同じようなメガネをかけたい」とのリクエストに応え、黒やべっ甲色のフレームも充実しています。

「服を試着するように、メガネもいろいろ試して、本当に気に入った1本に出会ってほしいですね」



かけ心地を確かめて

好きなデザインが固まってきたら、かけ心地のチェックへ。

「目の中心とレンズの中心が合っているか。つるの長さが十分あるか。鼻あてはフィットしているか。適切なフィット感は、『見えやすさ』『見えにくさ』に直結します」と説明。丁寧にじっくりと時間をかけ、最適なメガネ選びをサポートしています。



メガネで笑顔に

花粉対策メガネやサングラスなども扱う「nalco」。「子どもたちの眼を大切にしたい」という鳴山さんの想いがぎゅっと詰まっています。

「子どもたちがメガネをかけて笑顔になってくれたら」―。今後は、メガネキッズの交流の場にもしていきたいと熱く語ってくれました。


ホームページ:https://www.nalco0910.com
インスタグラム:https://www.instagram.com/nalco0910/?ref=badge

取材時期:2019年5月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

取材・文:増野 綾希子
このライターの他の記事を読む

Spot Information

こどものめがねnalco

住所 福岡県北九州市戸畑区中原西2丁目4―22 cobaco tobata 206号室
TEL 070-4736-8747
営業時間 土曜日・日曜日・月曜日・火曜日 11:00〜17:00
定休日 不定休
URL https://www.nalco0910.com

Google Mapで開く

 

Ranking