グルメ

share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2019/08/04 【山口】柳井

時間帯でシェアする新たなスタイル。昼と夜でガラリと変わる美食空間へようこそ|室積シェアキッチン

by 武井 奈々
大阪生まれ大阪育ち。瀬戸内海の穏やかで豊かな暮らしに惹かれ、2017年山口県周防大島へ移り住みました。海の向こうに四国の山並みを眺めながら、島暮らしを満喫中。島…

このライターの記事を読む

山口県光市。瀬戸内海に象の鼻のように突き出た「象鼻ケ岬(ぞうびがさき)」が美しい室積半島。その入り口に2018年夏「室積シェアキッチン」がオープンしました。



室積港近くの室積シェアキッチン

向かいには500年以上の歴史を持つ早長(はやおさ)八幡宮。そして裏手には室積港が見える落ち着いた港町の一角に「室積シェアキッチン」はあります。江戸期には商船輸送によって栄えたという地です。

昔の商家を思わせる外観とは打って変わって、店内は開放的な空間が広がります。以前は水産業を営まれていたという建物ですが、「かつての賑わいを現代に取り戻したい」との思いから、人が集まる場所に生まれ変わりました。

ところで「シェアキッチン」とは、どういうことでしょう?



時間帯によって「シェア」する

「私は昼間の『ATCAFE(アットカフェ)』を担当しています。室積シェアキッチンは、昼と夜で営業が変わるレストランなんです」

教えてくれたのはATCAFEのシェフ、石本淑乃(よしの)さん。そう、「シェアキッチン」とは、昼と夜で同じ空間を分けあって営業するということ。取材に伺ったのは、ちょうどランチとディナーの間、まさしく昼と夜のレストランが入れ替わる時間帯でした。



気取らなくていい、ATCAFEの家庭的なフレンチ

【『本日のランチ』。一つひとつ丁寧に手間をかけて作られた料理は、シンプルでありながらも味わい深く、どこか懐かしい逸品。メインは肉か魚から選べ、パンもおにぎりに変更可。】


これまで10年間にわたり、広島のホテルや山口県周南のカフェなどで料理の腕を磨いてきたという石本さん。元々は古典的なフレンチから入ったそうですが、現在3人のお子さんの子育て真っ最中ということもあり、ATCAFEではフレンチと家庭料理の中間のような、どなたにも食べやすい料理を心がけているそう。

この日のメインは「鶏肉の赤ワイン煮」。適度に噛み応えのあるジューシーな鶏は優しい味付けで、さっぱりといただけます。ゴボウや黄人参、プチトマトなど意外性があり色鮮やかな野菜の組み合わせもセンス良く、それぞれの素材の持ち味が引き出されています。

【少人数のグループには、一枚板のカウンター席がおすすめ。シェフの仕事を見ながら、ゆったりとした時が過ごせる】



夜は「港のイタリアンPORTO」へ

16:00で「ATCAFE」の営業が終わると、17:00からは「港のイタリアンPORTO(ポルト)」のディナータイムが始まります。シェフは河本敬志(たかし)さん。長崎でのフレンチや広島、山口でのイタリアンの料理経験をもつ、この道20年の料理人です。

店名からも分かるように、海の幸を用いたメニューが多いのが、港のイタリアンPORTOの特徴。この日も旬の食材として、ハモや釜揚げしらすを使ったパスタやピザを提供されていました。

お好みのパスタに前菜とフォカッチャ、デザートとドリンクがつくパスタコースは、河本シェフのイタリアンを気軽に味わえるメニューとして人気です。この日の前菜は、とろっと溶けるお肉にパリパリ生地の食感が楽しい「牛すじ肉の包み焼き」と、ジャガイモの風味を感じる「ヴィシソワーズ」、そして「有機野菜のサラダ」。どれも手が込んでいて、一口いただくごとに幸せな気分が広がります。

自由に選べるメインのパスタには、シェフオススメの贅沢ペスカトーレを。エビやホタテ、ムール貝などたっぷりの魚介の旨味が詰まったトマトソースが、モチモチのパスタに絡みます。なんとも濃厚で豊かな味わいの一皿でした。

【8人は座れる大きなテーブルは、昔酒樽の蓋として使われていたもの。窓からは早長八幡宮が見える】



二人のシェフに共通する食材、「月咲(つきえみ)」の塩

「ATCAFE」と「港のイタリアンPORTO」の両方で使われている、共通の食材があります。それがこちらの塩、「月咲(つきえみ)」。室積シェアキッチンのすぐ裏の室積港から、渡船で約20分の離島「牛島(うしま)」で作られています。海底湧水を汲み上げ、今では珍しい平釜焚きという製法によりできた塩は、棘のあるしょっぱさよりも、まろやかな旨味が強い塩なのだそう。室積シェアキッチンでは、料理はもちろん、チョコレートケーキやソフトクリーム、キャラメルなどのスイーツにも隠し味として利用しています。

昼と夜で別々の顔をもつ、室積シェアキッチン。オープンから一年が経ち、地元の方や観光客にも少しずつ新たなスタイルのレストランとして認識されてきたそうです。「ATCAFE」と「港のイタリアンPORTO」がお休みの日曜日と月曜日はイベントデーやレンタルデーとして、一般にも開放しているとのこと。同じ空間でありながら、訪れるたびに新鮮な驚きを感じる室積シェアキッチンへ、あなたもぜひ足を運んでみてくださいね。


取材時期:2019年6月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

取材・文:武井 奈々
このライターの他の記事を読む

Spot Information

室積シェアキッチン

住所 山口県光市室積3丁目2-1
TEL 0833-48-9630
営業時間 11:00〜16:00(ATCAFE)、17:00〜21:30(港のイタリアンPORTO)
定休日 日曜日、月曜日(不定期でイベント開催あり)
URL https://www.murozumi-kitchen.com/

Google Mapで開く

 

Ranking