グルメ

share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2018/09/08 【山口】

【編集長のごはん】簡単で栄養満点!"下関産"空芯菜の炒めもの

by 芦谷 志保里
山口県山陽小野田市生まれ。「ひとまずやってみる・食べてみる」をモットーに、興味のあるコト・モノはやらないと気が済まない。 休日は自宅でお酒に合うおつまみを作り、…

このライターの記事を読む

一人暮らしが長くなると気になるのが食事の栄養バランス。毎日の食事に野菜を取り入れようと心がけても、大量の野菜を一人で消費するのは難しいですし、継続することはもっと大変ですよね。簡単で栄養満点、さらにおいしく野菜をとれたら一石二鳥、いや三鳥になると思いませんか?

今回はそんなとってもお得なレシピをご紹介したいと思います。

私は数年前から個人的に地産地消を推進しています。「食事は身体を作るベースとなるもの!食べるなら地元のものを!」をモットーに地元の方が作った野菜や果物を購入できる地元JAや「地産地消コーナー」を設置しているスーパーを選んで買い物するようにしています。

そんな中、発見したのが「空芯菜(クウシンサイ)」!!

みなさんは、空芯菜をご存知ですか?

空芯菜とはヒルガオ科サツマイモ属の葉野菜で、「ヨウサイ」とも呼ばれています。東南アジアが原産とされ、日本では沖縄で盛んに栽培されていましたが全国の温暖な地域でも栽培が広がりつつあるようです。
空芯菜という名前はもともと中国での呼び名で、読んで字のごとく、茎の中(芯)が空洞になっている事から付けられた名前のようです。

そんな空芯菜ですが、栄養は満点!多くのβカロテンが含まれており、抗発ガン作用や免疫賦活作用に効果があるようです。ビタミンCも豊富で、βカロテンと共に活性酸素を減らし老化の防止にもつながるそうです。なんて素敵な野菜なんでしょう!女性には嬉しいことだらけです。

身近なスーパーで、そんな空芯菜にお目にかかれるとは思いませんでした。しかも帯には「下関産」の表示が。これは買うしかありませんよね。
チャチャっと簡単においしく、そしてお酒のおつまみにもなるものといえば、やっぱり定番の「空芯菜の炒め物」。早速レシピをご紹介します。

【材料】(2人分・約10分)

空芯菜…1束
炒め油…多めの適量
にんにく…2片(多めの方がおいしいので苦手でなければお好みで)
★鶏がらスープの素(なければコンソメでもOK)…小さじ1
★酒…大さじ1
★熱湯…大さじ2
★塩・こしょう…少々

【作り方】
1. 空芯菜3~4㎝位の長さに切り、ニンニクはみじん切りにしておきます。
2. ★の材料を合わせておきます。
3.フライパンに油とニンニクを入れて、弱火でじっくりニンニクを炒める。(焦げると苦味が出てしまうので焦がさないように)

4. ニンニクの香りが出てきたら、強火にして空芯菜を入れて一気に炒めます。

5. 合わせておいた★を加えて味をつけたら完成です。

とっても簡単なのにおいしい!緑が鮮やかなので食卓が寂しくて「もう一品追加したい」というときにもオススメの一品です。
空芯菜は食感がよく、クセのない味わいなので葉物野菜が苦手な方でもおいしく召し上がっていただけると思います。

シャキシャキとした歯ごたえを残すことが美味しさの秘訣なので、炒めすぎは厳禁です。短時間でパパッと炒めることがポイントです。

今回は空芯菜で作りましたが、ほうれん草や小松菜、豆苗など、比較的手に入れやすい葉物野菜でも応用できそうです。

ぜひお試しあれ!

取材:2018年8月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

取材・文:芦谷 志保里
このライターの他の記事を読む

 

Ranking