ライフスタイル

share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2018/09/29 【山口】小野田

【まちに人あり歴史あり】手に、生活に、しっくり馴染む帆布カバン

使えば使うほどに、手に馴染む。入れたいものを遠慮なく入れられる。汚れも気にせず、出掛ける先にどこでも持っていける。

「帆布(はんぷ)」を使ったかばんは、これを叶えてくれます。

帆布とは、平織りで織られた1平方メートルあたり8オンス(約227グラム)の厚手の布のことで、江戸時代に帆船の帆として使われていたため、帆布と呼ばれるようになったそうです。帆布には重さの基準があるんですね。
現代では、木綿だけでなく、ポリエステルなどの化学繊維が素材として使われるようになり、樹脂などで表面加工を施すことで、より防水性・耐久性を高めることができるようになったことから、幅広い用途に使われるようになったそうです。
そんな帆布を使ってかばんを作っている工房が山陽小野田市にあると聞きつけて、お話を伺ってきました。

 

宇都宮帆布工房は、昭和33年創業。現在の代表取締役を務める宇都宮秀彰さんのお祖父様が、前身となる「宇都宮テント商会」として設立したそうです。
創業以来、店舗の軒先のテントやトラックの荷台にかかっているシート、運動会には欠かせない校庭用のテントなど、様式やサイズなどお客様の要望に合わせたさまざまな帆布製品を取り扱っています。


【お話を伺った代表取締役の宇都宮秀彰さん】

テントを取り扱う会社が、なぜかばん作り?

「もっと帆布やテントのことを知ってもらいたい」
今から10年ほど前、宇都宮さんがその強い思いから作り始めたのが、帆布を使った「かばん」でした。

作り始めた当初は、試行錯誤の連続だったそう。しかし、従来のテント作りから蓄積された職人技を強みに、徐々に帆布かばんもブラッシュアップ。ひと針ひと針丁寧に縫いあげて、帆布かばんは宇都宮帆布工房の看板商品となっていきました。

趣味の相棒に、オーダーメイドの帆布かばん

宇都宮帆布工房では、自分の好みに合わせてかばんを作ることができます。その方法は2種類あり、サイズやデザイン全てを自分好みにできる「オーダーメイド」と、すでに型のあるカバンの縫い糸や取手の色を変更したり、パーツを変えることで個性を出すことができる「イージーオーダー」。

「オーダーメイド」を選ぶ方は、趣味にとことんこだわりのある男性が多いそう。

「大好きな趣味に持っていく相棒は、使い勝手が良く、汚れを気にせずガンガン使えて、見た目も自分好み。そして趣味に必要な細々とした小物が入るポケットも必要な分ある。そんなわがままを叶えられるかばんなんですよ。」と宇都宮さん。

例えば、カメラバッグとして、レンズの大きさ、数に合わせて、仕切りを好きなようにカスタマイズしたり、釣り用のバッグとしても、自分好みの細かなポケットや防水性、耐水性が大活躍。

そして、かばんに使われる帆布の木綿は、天然素材なので、肌になじみ、やさしい手触り。使えば使うほど味わいが出てきて使いやすくなります。

帆布かばんは一般的に、表面をパラフィン(ろう)で加工しているため、少しの汚れであれば、消しゴムで消すことができるそうです!これも気兼ねなく使えるポイントですよね。

真摯な姿勢で、愛され続ける製品づくりを

テント作りでも、かばん作りでも、お客様の要望に一心に応えてきた宇都宮帆布工房。最近では、そのテントが有名な映画の美術品として使われているそうです。

映画の時代背景などの設定によっては、使えない素材などがあるため、配慮が必要な映画の美術品。そこでも、宇都宮帆布工房のお客様の要望に応え続ける姿勢と、その仕上がりの良さが認められ、現在でも新たに映画の美術品のオーダーを受けているそう。

この真摯な姿勢が、お客様を惹きつけている秘訣なんですね。

「お客様からのご要望に、職人の技術を総動員して、愛されるかばんやテントを作り続けていきたいですね。店舗に来ていただき、実際に手に取って帆布の手触りを感じて欲しいです。」と語る宇都宮さん。

休日は、二人の娘さんと近所にあるきららビーチ焼野(山陽小野田市)で遊ぶのがお気に入りだそうです。その優しい目で未来を見据え、帆布かばんとテントに、真摯に向き合い続けます。

宇都宮帆布工房の帆布かばんは、店舗、オンラインストアで販売されています。オーダーメイドのかばんの場合、一つひとつ手作業で作り上げるため、3か月程度の製作期間がかかるよう。早めのオーダーで自分のお気に入りのかばんを作ってみませんか。

取材:2018年9月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

Spot Information

宇都宮帆布工房

住所 山口県山陽小野田市くし山1丁目6番18号
TEL 0836-84-7990
URL http://utsunomiya-tent.jp/

Google Mapで開く

 

Ranking