グルメ

share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2018/11/03 【山口】下関

目、耳、鼻、舌で味わう 山口が誇るご当地麺・瓦そば

by 山田 祐一郎
日本で唯一(※本人調べ)のヌードルライターとして活動。現在、主に飲食関連の専門誌、雑誌、情報誌、企業のホームページ、会社案内などを手掛ける。著書に福岡発・福岡初…

このライターの記事を読む

初めて見た人は一様に「わー!」と感嘆の声を上げる。それが下関市・豊浦町発祥のご当地グルメ「瓦そば」。パチパチと音を立てながら熱々の瓦で提供される麺料理で、川棚温泉の界隈で主に旅館やホテルといった場所で提供されてきました。そして、今や、山口県の名物料理として県内に提供店が広がり、さらには関門海峡を渡った北九州エリアでも親しまれています。

その元祖とされるのが、川棚温泉の入口そばに店を構えている「元祖瓦そば たかせ」です。瓦そばの味が評判を呼び、現在、創業の地である本館の周りに、南本館、東本館が新設され、同様のメニューを楽しむことができます。


その歴史をさかのぼると、創業は1961年。西南戦争の際に熊本城を囲む島津藩の武士たちが、野戦中に近くにあった瓦を利用して肉や野草を焼いて食べたというエピソードを参考に、創業者の高瀬慎一さんが研究。そばにアレンジし、自身の店で提供しはじめたのが瓦そばでした。

今回訪れたのは本館。ここは元々、築100年以上が経った古民家なのだそう。渡り廊下は磨き抜かれ、畳もきれいに手入れされていて、古き良き時代を感じさせつつも、気持ち良い空気が流れていました。客席はゆっくり畳の上に腰掛けられる2〜4人用の座卓があるほか、テーブル席も用意されています。平日でも開店と同時にお客が訪れ、席がみるみるうちに埋まっていくので、特に週末には余裕を持って来店したほうが良さそうです。


自宅でも気軽に!
瓦そばは今や家庭の味


瓦そばは単品が1,188円(税込)。この本店では平日の11:00〜15:00に「たかせ」のもう一つの名物「うなめし」が一緒に楽しめる「瓦そばうな茶セット」が2,376円(税込)も味わうことができますよ。


「瓦そば」で使うそばは、宇治の抹茶が練り込まれた茶そばを乾麺の状態で仕入れ、自社の工場でまとめて毎朝湯がいているそうです。これを各店舗に配送しています。ポイントは、茹でた後の水切り。実に1時間かけて行います。「瓦に面したところはパリッ、その他の部分がふっくらとした食感になるように心掛けています」と店長・永冨さん。水切りによって表面の水分を飛ばすことで、理想の食感に仕上げているそうです。


創業当時から変わらないつゆは、カツオや昆布を効かせたほんのり甘口。卓上のポットに温めた状態で用意されているので、減ったら追加しつつ、茶そばとともにつゆの味わいも楽しみましょう。


忘れてはならないのが、具材と薬味の存在。そばの上に盛り付けてある牛肉を焼き目のついたそばと一緒につゆに浸すと、肉から溢れ出たエキスがつゆに溶け込み、コクがぐんと増します。そばとともに口いっぱいに頬張れば、旨味たっぷり。茶そばの緑色とのコントラストも映える黄色い錦糸玉子とレモン、赤いもみじおろしによる彩りも「瓦そば」における重要な要素。見た目も美しく、食べて美味しい、それが「瓦そば」なのです。レモン、もみじおろしは食べる途中でつゆに投入し、味を変化させるのがオススメですよ。


それにしても食べる中で、最後まで温かかったそばには驚かされました。永冨さんによれば、これは特注の瓦を使っているからなのだそう。元々は近隣のお寺、神社などで使われなくなった瓦を譲り受けて使っていたそうですが、それでは追いつかなくなり、現在は信頼のおける瓦専門店に特注するようになりました。「割れにくさ、保温性の高さを備えた瓦です。ご覧の通り、瓦はちょっと大きめで、1枚の瓦には3人前までのせるようにしているんです。こうすることで、食卓で鍋を囲むような感覚で、瓦そばを食べられます。そういう食体験を大切にしたいと考えています」と永冨さんは笑顔を見せました。

山口では瓦そばはスーパーで当たり前のように販売され、一般家庭の食卓でも頻繁に親しまれているそう。店で食べる味はもちろん、自宅で気軽に楽しめるのはうれしい限りですね。



取材時期:2018年10月
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。
最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

 

取材・文:山田 祐一郎
このライターの他の記事を読む

Spot Information

元祖瓦そば たかせ 川棚本店

住所 山口県下関市豊浦町川棚5437
TEL 083-772-2680(代)
営業時間 11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日 木・金曜
URL http://www.kawarasoba.jp/

Google Mapで開く

 

Ranking