グルメ

share
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest

2018/08/07

【編集長のごはん】vol.2「フォトジェニック!瓦そば」

by 編集長
山口県山陽小野田市生まれ。「ひとまずやってみる・食べてみる」をモットーに、興味のあるコト・モノはやらないと気が済まない。 休日は自宅でお酒に合うおつまみを作り、…

このライターの記事を読む

見映えも食べ応えもバッチリ★自宅de瓦そば!

先日、友人が自宅に遊びに来た時のこと。
夕食はうちで食べるとのことだったので、何を作ろうかとインターネットで検索開始!

おいしそう!かわいい!と目に留まるものはありましたが
「なんだか面倒くさそう…」
「材料費かかりそう…」
「お腹いっぱいになりそうにない…」(2人ともよく食べ、よく飲む(笑))

といつものワガママが発動!

悩んだ挙句、決めたのが山口名物「瓦そば」です。

話題になったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で主人公・平匡(ひらまさ)の子ども時代の思い出の食べ物として出てきました!
ドラマではお皿の上で食べていましたが、瓦そばは本来その名の通り、「瓦」の上において食べるものなのです!!

そもそも瓦そばとは、
『山口県下関市豊浦町発祥の麺料理。
文字通り、熱した瓦の上に茶そばと具材を載せて、温かいめんつゆで食べる料理である。
1877年(明治10年)の西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話に参考にして、1961年(昭和36年)に川棚温泉で旅館を営む高瀬慎一が宿泊者向けの料理として開発したとされる。これが評判となり川棚温泉の他の旅館でも提供されるようになったことから「川棚温泉の名物料理」とされるようになり、さらには下関市をはじめ山口県内各地でもご当地グルメとして広まり、山口県出身者等により山口県外でも供される店が存在する。』
(Wikipediaより抜粋)

なるほど、山口県というよりは川棚温泉の名物料理ということみたいです。

自宅で作る場合は瓦の代わりに、フライパンやホットプレートで作るのが一般的で、
私はいつもホットプレートを愛用しています!!
 

【材料】(2人分・約20分)
茶そば…3玉(人数分でもいいですがいつも足りないので3玉はいきたい…)
(今回は生麺タイプを使いましたが、乾麺でもOKです。乾麺を使う場合は少し固めに茹でると良いです)

■ 牛肉の甘辛煮
牛肉コマ切れ…150g程度
しょうゆ…大さじ1
砂糖…大さじ1
みりん… 大さじ1
*肉うどんや他の料理にも使えるので、多めに作って冷凍しておけば時短になります。

■ 錦糸たまご
たまご2個
(砂糖や塩を入れる人もいますのでお好みで)

■ その他のトッピング
刻み海苔…適量
レモン輪切り…4枚
もみじおろし…適量(なければ大根おろしに一味をふってもOKです)
小ねぎ…適量

瓦そばのつゆ(市販のめんつゆ)…適量
そのままでもいいですがみりん(大さじ1?2)を加え、少し煮立たせて甘めにするとより本格的になります。
 

【作り方】
1)油を引いたフライパンで薄焼き卵2?3枚つくり、冷ましてから千切りにし錦糸卵をつくる。(薄焼き卵づくりが苦手な人は、水溶き片栗粉を少し加えると焼きやすいです。)
できた錦糸卵は別のお皿に移しておきます。



2)卵を焼いたフライパンで牛肉を軽く炒め、色が変わってきたら砂糖、醤油、みりんを入れて煮炒めます。

3)レモンを輪切りに、ねぎは小口切りにしておきます。
4)ホットプレートを熱して、少し油を引いて茶そばを炒める。全体に火が通ったら茶そばをホットプレート全体に広げて少しおこげを作るように2?3分置きます。

5)ホットプレートを保温?弱に調整し、茶そばの上に牛肉・錦糸卵・刻み海苔・小口ねぎを盛りつける。輪切りレモンを置き、もみじおろしを乗せたら完成。

6)温めためんつゆにつけながらどうぞ。

茶そばの風味と薬味のハーモニーが絶妙で箸が止まりません!ホットプレートを使うとカリッとしたところと、しっとりしたところが楽しめるのでおすすめですよ。

カラフルで見栄えが良く、食卓を華やかにしてくれるのでパーティやおもてなしにもいいかもしれませんね。
是非お試しあれ。

取材・文:編集長
このライターの他の記事を読む

 

Ranking